東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

せんべろの意味・考察

スポンサーリンク

せんべろとは?

せんべろ

せんべろnetでは、立ち飲み、角打ち、大衆酒場をはじめとした一軒1000円程度で気軽に楽しめる飲み歩き情報をお届けしています。

一軒1000円程度で、安く美味しく愉しく飲んで酔い気分…そんな日常での気軽な一息が大好きです。それを一番わかりやすく伝えられるのは何だろう?と考えた時に、しっくりきたのが「せんべろ」という言葉でした。

そもそも「せんべろ」とは、1000円でべろべろに酔えるという酒場などの俗称で、「せんべろ探偵が行く (集英社文庫)」がルーツと言われています。著書を読むと、1980年代頃に中島らもさんの身内言葉から全国区に広まったとの記載があります。

一軒1000円程度で安く楽しめるといったところから、立ち飲み、角打ち、大衆酒場などが多く該当し、その安さと気軽さから「せんべろ探偵が行く」と同様に、数軒はしご利用される方も多く見られますね。

また、近年ではファミレスやファーストフードなどの外食チェーンが、ちょい飲みに参入したことから、益々せんべろスポットが広がっています。

メディアで紹介されるせんべろと考察

せんべろ

よくメディアなどで紹介されている「せんべろ」は、1000円でべろべろに酔えるというよりは、1000円程度でほろ酔いになれるお店紹介のイメージが強い傾向にあります。

当サイトのせんべろの定義も、お酒2杯・つまみ1品=1000円以内の酒場を、せんべろとしているので、多くの方はべろべろよりは、ほろ酔いになる量かと思います。

せんべろ

また、せんべろはこの言葉を使う人・紹介する人の価値観や飲酒量によって、お酒の杯数や支払い額に差異があります。

これに対して、自身の考えるせんべろの基準とマッチしない場合、「せんべろじゃない」、「1000円でべろべろになれるはずない」なんて意見が生まれることもあるかと思います。

筆者もお酒1杯+つまみ1品+お通し=1500円でせんべろといった記事をみると「これってせんべろなの?」なんて感じることもあります。

ですが、そもそも「せんべろ」に、1000円で何杯以上飲めるだとか、1000円を超えてはいけないといった、詳細な定義は存在しないのです。

そういったところから、当然人それぞれせんべろの基準に開きがでてきます。

「せんべろ探偵が行く」で紹介されている酒場

せんべろ

では、ルーツと言われている「せんべろ探偵が行く (集英社文庫)」で紹介されている酒場は、どのようなものなのでしょうか。

紹介されていた酒場をいくつか挙げてみます。

・大阪京橋「岡室酒店直売所」
・北千住「大はし」
・北千住「天七」
・南千住「大坪屋」
・茅場町「ニューカヤバ」
・赤羽「いこい」
・十条「斎藤酒場」

価格帯はお酒300円以内、アテ100円程度~の酒場が多く、お酒2~3杯&つまみを1~2品で酔い気分になり、一軒1000円前後の印象です。

ちなみに上記には、個人的にせんべろは難しいと感じる酒場がいくつか含まれています。だけれど、これも「せんべろ」の一つなのです。

せんべろのイメージについて調査

せんべろに興味を持っている皆さんに、イメージについてアンケートで聞いてみました。

つまみは1品注文するとして、1000円以内でお酒2杯という回答が一番多く、次いで3杯という結果。

お酒一杯の価格については、300円までという回答が一番多いです。

一概には言えないところはありますが、前述した「せんべろ探偵が行く」と同様に、1000円以内でお酒2~3杯&つまみ1品~2品、お酒は1杯300円以内というイメージを持たれている方が多いことがわかりました。

それぞれのせんべろを愉しもう!

一軒1000円程度で楽しめる安い酒場=「せんべろ」というイメージが広まっている昨今、1000円で本当にべろべろになれなかったとしても、1000円程度で楽しく適度にほろ酔いになれれば「せんべろ」でいいんじゃないかというのが個人的な考えです。

もちろん考え方は人それぞれなので、そうじゃない方もいらっしゃるかと思いますし、それを否定する気はありません。

支障を来さない程度の飲酒量で、マナーに気をつけて、それぞれの「せんべろ」を愉しみましょう♪

こちらもどうぞ↓

せんべろの定義について
当サイトのせんべろの定義 当サイトは、一...
せんべろnetとは?
当サイトのせんべろ定義 せんべろnetでは、立ち...
最終更新
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加