東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

北九州市-門司港「魚住酒店」ホッと一息のどを潤す!佇まいに惹き込まれる老舗角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

福岡県の博多駅から新幹線に乗り20分足らずで到着できる小倉駅。そう、もうここは角打ちの発祥地とも言われている憧れの北九州市。

北九州市は角打ちをはじめとした酒場の宝庫であったり、人々が温かかったりと、忽ち魅了されてしまう魅惑的な都市。

IMG_7467

北九州市の小倉駅から鹿児島本線の快速に揺られ、15分ほどで到着できる門司港駅へ足を伸ばしてみることにしました。

門司港はレトロの街・関門海峡が望めることでもおなじみの観光スポット。そんな門司港で訪れたのはこちらの角打ちの銘店。

佇まいに圧倒「魚住酒店」

「魚住酒店」は、昭和から創業の親子で営まれている老舗酒屋。メディアなどでも取り上げられている、言わずと知れた銘店です。

IMG_7516

場所は門司港駅より徒歩10分足らず。

IMG_7498

住宅街の一角、小路を入った坂の途中に発見。まるでお宝を見つけたかのような、そんなワクワク感。

反面、一人行動には強靭なハートを持つ筆者でも、少々入り辛い佇まい。某角打ちで女一人はNGと言われてから、一人での老舗角打ち訪問は少しばかり緊張感が走る。

IMG_7511

ガラガラと引き戸を開けて、「こちらで飲めますか?」と尋ねる。

IMG_7512

「どうぞ、何飲まれますか?」とお母さん(ホッ)。「ビールか何かを…」と答えると「そこの冷蔵庫からどうぞ、グラスも入ってます」とのご回答をいただいた。

家庭用の冷蔵庫を開けると、冷えた缶ビールや瓶ビール、缶チューハイなどがずらり。ビール大瓶は370円ほどの価格帯。

ちなみに会計は後払いみたいです。

IMG_7510
(お勘定はそろばんで)

カウンター上などには乾き物などお菓子や缶詰などがありました(価格は不明)。

IMG_7515
(店内にはガイドマップも設置)

店内にはL字カウンターがあり10名入れるかどうかの広さ。

ちなみに角打ちの隣は、暖簾一枚で仕切られたご自宅のお茶の間となっています。まるでご自宅にお邪魔したかのような、どこかホッとする空間。歴史を感じさせる味わい深い雰囲気も素敵です。

ホッと一息のどを潤す!

実はこちらにお邪魔する前に、門司港をたっぷり散策したので喉がカラッカラ。

本当は名物である日本酒がいただきたかったのですが、ビールを欲していました。

▼アサヒドライブラック@230円
IMG_7500

冷え冷えのグラスに缶ビールをそそぐ。

▼枝豆@無料サービス
IMG_7503

すると…「どうぞ」とサービスでまさかの枝豆が登場。食べ終わった殻は紙に乗せるのだそうです。

IMG_7502

枝豆を頬張り、冷え冷えのほろ苦いビールをグビグビと。真っ昼間っからこんな素敵な佇まいの中、クールダウンできることが幸せ。

IMG_7507

訪れたのは平日の昼間とあって先客はおらず、静かでとても落ち着いていました。

隣のお茶の間ではちょうどご飯時。タイミング悪かったかなぁなんて思いつつ…ビールを飲み終えたところで、会計をしてサクっと店を後にしたのでした。

お会計

230円(1人)
※缶ビール1缶、サービスの枝豆
※チャージ:なし
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

素敵な佇まいの中、サクっと気軽な一杯が飲めて大満足です。

一見入り辛いですが、入ってしまえばホッと一息つける温かみのある角打ちでした。

小さな空間なので、訪問は1~2名がおすすめです。味のある昭和酒場が好きな貴方にぜひおすすめしたいです。

今度は夕方にゆっくりとまた。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

「魚住酒店」の基本情報

「魚住酒店」付近を歩く

IMG_7470

改札ではレトロの街との表記。駅周辺は観光と思われる方が多かったです。

IMG_7478

街全体が新・旧含めてレトロな雰囲気。ファミリーマートの色はワンカラーです。

IMG_7484

関門海峡の様子。天気が良くて気持ちがイイ。

IMG_7485

フェリー乗り場。こちらから下関まで行けるそうです。下関も行ってみたいなぁ。

IMG_7493

栄町銀天街という商店街をみつけました。

IMG_7522

栄町銀天街にはこのような佇まいの食堂も。残念ながら休業中でした。

IMG_7523

おなじく栄町銀天街で甘味屋さんを発見。買って帰りたい衝動に駆られます。

IMG_7519

もっとも目に焼きついたのがレトロ伝説という画廊喫茶。残念ながら準備中でした…。

IMG_7489

おでん屋さんもありましたよ。焼チャンポンに惹かれます。

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク