東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

板橋「クルアチャオプラヤー」本場タイ料理でレモンサワーがすすむ!気軽でコスパの良いタイ食堂

※当記事は2017年8月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

屋台のようなタイ食堂「クルアチャオプラヤー」

「クルアチャオプラヤー」は、2017年8月オープンの屋台のようなタイ料理屋。本場タイ料理で気軽に一杯飲むこともできるお店です。

ちなみにランチ営業時にも飲むことができるそうなので、昼飲みも可能とのこと。

IMG_1901

場所は板橋駅西口から徒歩2~3分程。ミョーミャンマーというお店の跡地。

IMG_1859

店先にはしっかりとメニュー表記。よくよく見てみると、生ビール280円、サワー類280円…と、思ったより安い!最近ハマっているタイ料理ということで、これは入らずにはいられません。

IMG_1943

かわいらしい看板がお出迎え。

IMG_1907

オープンで明るい店内では、タイ人のお兄さんお二人で切り盛りされています。

ガツンとくるスパイスの香り、調理場からの熱気、そしてタイ語が飛びかっていたりと、まるでタイに行ったかのような雰囲気。とは言え、フロアのお兄さんは日本語がペラペラなので一安心。

1階と2階があるようで、1階はカウンター席とテーブル席があり15名入れないほどの広さ。また、天気の良い日は、外にテーブル席が作られるみたいです。

IMG_1909

この日の客層は3~50代の男女で、食事利用のみの方から飲み利用の方までシーンはさまざま。気ままにタイ料理で一杯飲むことができます。

IMG_1936

目に留まった置物。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込み。座れるけれど、お通しや席料はかかりません

IMG_1903

お酒は、生ビール中280円(アサヒ)、シンハービール・チャーンビール550円、ハイボール280円、サワー・酎ハイ類280円など。

生ビールやサワー類が280円というのは、近年増えているタイ料理屋の中でも、かなり良心的なのではないでしょうか。

IMG_1910

タイ料理はほとんどがワンコインの500円。

IMG_1912

タイ風焼き鳥などガッツリとしたお肉料理。

IMG_1914

揚げ物。パクチー単品は200円。

IMG_1917

ボリュームのありそうなサラダ類。

IMG_1918

炒め物。

IMG_1921

ご飯ものは780円!おなじみのカオマンガイやガパオライスなどが並んでいます。

美味しいタイ料理でシュワシュワのレモンサワーがすすむ!

▼レモンサワー280円
IMG_1904

お酒は「レモンサワー280円」から。シュワシュワで喉ごしがよく、レモンのパンチ。甘さ控えめでこれは美味しい!かなり気に入って、3杯も飲んでしまった。

▼春雨サラダ500円
IMG_1926

料理は最近ハマっている「春雨サラダ(ヤムウンセン)500円」をもらいます。思いのほかたっぷりボリューム!

IMG_1924

海老やイカがゴロゴロ、たっぷりのひき肉、香草やセロリ、トマト、上に盛られたパクチーと具だくさん。

ほんのり甘酸っぱく、後からピリ辛。海老イカはプリプリ、春雨はホカホカつるつるで適度なやわらかさ。これは美味しい!!最近食べまくっているヤムウンセンの中でも、結構好みな味付け。

▼タイ風鶏肉の唐揚げ500円
IMG_1929

お次は「タイ風鶏肉の唐揚げ500円」。調理場から聞こえるジュワーっという音が、食欲を誘います。

IMG_1935

揚げたての唐揚げは、まるでケンタッキーのようなサクっとした食感の衣、やわらかくジューシーなお肉、そして甘辛くスパイシーな味付け…これも美味い!!!!独り占めして食べたかったくらい(笑)。衣と鶏皮だけでも美味しくって、レモンサワーがどんどんすすむ。

お会計

1340円(1人あたり)
※レモンサワー3杯ずつ、料理2品シェア
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込

まとめ

まるでタイに行ったかのような雰囲気の中、美味しいお酒とタイ料理で一杯できて大満足です。

1000円一枚で2杯1品は難しいですが、1500円あれば楽しめると思います。タイ料理屋の中でも比較的リーズナブルなお店なのではないでしょうか。

一品料理はややボリュームがあるので、飲み利用の場合には一人よりも誰かと訪れたいお店でありました。

また仲間と立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:禁煙(外席は喫煙)

「クルアチャオプラヤー」の基本情報

住所:東京都板橋区板橋1-18-3
営業時間:11時~15時/17時~23時半(24時までの場合も)
定休日:不定休(今のところ無休とのこと)

IMG_1944

ランチタイムは11時~15時まで。

IMG_1906

お持ち帰りメニューは500円。

タイ料理に興味がある方はこちらもどうぞ↓

新大久保「ソウルフード バンコク」キンミヤ焼酎入れ放題に歓喜!ゆったりくつろげるタイ酒場
コリアンタウンとしておなじみの新大久保駅。元々韓国料理屋がポツポツと存在していた新大久保ですが、韓流&K-POPブームとともに韓国系のお店がグンと増えました。 10年くらい前にはディープだったり...
池袋「バーンカオケン」本場タイ料理で美味しい一杯!昼飲みもできるタイ立ち飲み
※こちらのお店は現在、フードメニューが変わり値上がりされているとの情報があります(2018年1月現在)。 本場タイ料理が楽しめる立ち飲み「バーンカオケン」 「バーンカオケン」は、2017年5月1日...
【移転】新宿三丁目「モモタイ」小皿のタイ料理100円~で気軽に一杯!朝7時から朝飲みできる貴重なタイ食堂
移転後の最新投稿(2018年11月)はこちら↓ https://1000bero.net/restaurant-1155/ 朝から飲めるタイ食堂「モモタイ」 再訪記録:カオマンガイに舌鼓(201...
※基本、投稿内容は初回投稿(2017年08月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク