東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

秋葉原「金子屋」牛すじトマト煮込みでちょっと一杯!五反田かね将直伝の煮込みが楽しめる大衆居酒屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
秋葉原駅の昭和通り口付近にある大衆居酒屋「金子屋(東京都千代田区神田佐久間町2-11 AOIビル1F)」で、もつ焼きとホッピーで気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

電気街やポップカルチャーでおなじみの秋葉原。駅周辺には、せんべろできるような価格帯の気軽な立ち飲みやもつ焼き屋、チェーン居酒屋などをいくつか見つけることができます。

そんな秋葉原で今宵ははしご酒。立ち寄ったのはこちらの居酒屋です。

五反田かね将直伝の煮込みが楽しめる大衆居酒屋「金子屋」

関連投稿:五反田「かね将」

今回立ち寄った「金子屋」は、もつ焼きや煮込みなどが楽しめる気軽な大衆居酒屋。経営は別の様ですが五反田「かね将」と関連のあるお店です。

※せんべろと言う価格帯のお店ではないのですが、気軽なちょい呑みが楽しめましたので今回ご紹介。

場所は秋葉原駅の昭和通り口から徒歩5分ほど。個人的には、気軽に立ち寄りやすい雰囲気の店構え。

店内はカウンター席が4~5席とテーブル席がいくつかあり、4~50名利用できそうな広々とした空間です。

訪れたのが平日の19時前と言うこともあり、空いていて貸切状態。しばらくすると、3~40代のおひとりさま男性などポツポツとお客さんがやってきました。

イイ意味で干渉されないので、ぼーっと気ままに気楽に呑める雰囲気です。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み。価格表記は税抜きで会計時に消費税。チャージで席料100円かかりました。

こちらの焼酎割り類はすべて外・中スタイルとなり、宝焼酎25度300円と外180円~を組み合わせる形。その他、生ホッピー500円、生ビール400円、瓶ビール530円、日本酒390円~、本格焼酎・梅酒480円などなど。

店員さん曰く、宝焼酎は2杯呑める量だそうです。この中だと炭酸割り480円が一番お得だけれど、果たして2杯に分けられるのか…(笑)。また、周りのお客さんは挙って生ホッピーを呑んでいました。

やきとんなど串焼き類は1本90円~、一品ものは3~400円程度の価格帯が多く、煮込みやもつ刺し、お魚類などが並んでいます。

煮込み類は「五反田かね将直伝」との表記があり気になる…店員さんに尋ねてみると関連のあるお店なのだそうです。

ちょっとした一品ものや揚げ物、焼き物なども。

イチ押しメニュー。

本日のメニューも。

早速はじめますか!

まずは、「ホッピー白300円」+「宝焼酎25度300円」をもらいます。焼酎は店員さん曰く2杯呑める量とのことで、パッと見で140~150mLくらいでしょうか。

サービスの氷はザルに盛られて登場と、かね将を彷彿とさせます。

キンキンに冷えたジョッキで早速ホッピーを作ってゴクゴク!プハー美味しい。

あてにはやっぱり、かね将で美味しかった「牛すじトマト煮480円」をもらいます。

大きな牛すじをはじめ、じゃがいもやにんじんなど具がごろっごろで、1人だとボリュームある感じ。じゃがいもが溶け込みすこしとろみがついていて、そこにトマトのパンチのある酸味が堪らない。ホッピーがグビグビとすすむね~!

牛すじがやわらかく歯切れが良くて美味しい~、そしてにんじんは甘くてとても食べやすかった。

残りの焼酎とホッピーで2杯目!

もちろん焼酎が足りなくなり…もう1回焼酎を頼むかどうしようか迷いつつも、このあたりでお会計してもらおうかな。

お会計

★1274円(1人あたり)
※ホッピーセット(2杯分)、牛すじトマト煮
※チャージ:席料100円
※価格表記:税抜き(会計時消費税)

まとめ

牛すじトマト煮美味しかった~!秋葉原でもあの煮込みが楽しめるのは嬉しいですね。

価格帯的に1000円1枚は難しそうですが1500円あれば、ちょっと一杯できるのではないでしょうか。強いお酒に慣れている方は、少々予算が上がってしまうかも…。

個人的には誰かと訪れたいお店でした。

またふらりと。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

「金子屋」の基本情報

関連ランキング:居酒屋 | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年07月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク