東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

【エッセイ】一人飲みのススメ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは!せんべろnet管理人のひろみんです。

近年、一人飲みについて、注目が集まっています。「一人飲みでおすすめのお店を教えてください」と聞かれることも度々あったりしますので、今回は「一人飲み」について、自身の体験から綴ってみようと思います。

IMG_0030

筆者は普段、一人飲みもしくは二人飲みがもっぱら。過去にはグループ飲みなんてのも多々してましたが、筆者が立ち飲みや大衆酒場で一番心地よく飲めるのはやっぱりこの人数です。

特に一人飲みの場合は、まるで探検するかのような気持ちでドキドキワクワク感に加え、視覚、聴覚、味覚が研ぎ澄まされる気がして…病みつきになります。

一人飲みしやすいお店とは?

さて、一人飲みしやすいお店、一人飲みにおすすめの酒場ってどんなお店なのでしょうか。

aaaaaaaa
(堀切の酒場にて)

「一人飲みしやすいお店」に当てはまりそうな特徴を箇条書きしてみます。

一人飲みしやすいお店

①入りやすい店構え
②カウンターがある
③居心地が良い
④一人用のおつまみがある

⑤初訪でも和気あいあい
⑥適度な距離感
⑦干渉されない

他にもあるとは思いますが、こんな感じでしょうか。⑤⑥⑦は、その人の性格やその日の気分で変わる特徴だと思います。筆者は⑥の、適度に会話しつつも自分の時間も楽しむ…そういった適度な距離感が一番です。

①の入りやすい店構え、これはメニューが記載されていたり、真新しかったり、店内の様子が伺えたりそういったところ。

②のカウンター、これは大前提です。無いお店だとハードルが一気に上がることは間違いありません。

③の居心地が良い、これは店員さんが優しかったり、さり気なく気遣ってくれたり、取り締まってくれたり、注文しやすい環境だったり、リラックスして飲めたりとかそういうところです。

④は一人でも楽しめるサイズ感のおつまみがあるという点。一人だとこの辺りも重要な気がします。

ただ、混雑している時などタイミングによっては、①③は当然変化します。この記事をアップ後に一人飲みにおすすめのお店をまとめようと思いますが、この辺りが難しい基準ですね。まぁ、ある程度空いているタイミングを見計うのが間違いないのですが。

一人飲みの良いところ

一人飲みの良いところ、筆者にとって一つ目は人との出会いです。全く知らない人と会話できるのも酒場の良いところ。一人飲みだと、お店の方やまわりのお客さんと会話する機会がグンと増えます。

IMG_3673
(上野の立ち飲みにて)

上は90代から下は20歳まで、普段あまり会話することのない世代の方たちとお話できるのはすごく楽しいですね。酒場の情報交換とか、その地域の昔のお話が聞けたりなどなど。

二つ目は、酒場での時間をより濃密に楽しめるところ。酒場での景色やまわりから聞こえてくる声、美味しさなど…相手がいない分、視覚、聴覚、味覚が敏感になり、より酒場や自分に集中できます(なんちゃって)。普段仲間と行っている酒場でも、一人で行くとまた違った楽しさが味わえたり。

三つ目は、同行者に気を使わなくていいところ(笑)。自分のペースで、好きなもの注文して、好きなペースで次の酒場へ…なんて気ままに楽しめますね。

一人飲みで辛かったこと

もちろん決して良いことばかりじゃありません。辛かったこと、嫌だったこともあります。筆者が女性ということもあるのですが、印象に残ったシーンを挙げてみますね。

①断ったのに「連絡先教えて!この後飲みに行こうよ」と何度もしつこい男性。まさかのお店出てからもついてこられて、走って逃げた経験あり(恐かった)。

②立ち飲みで背後からおじいちゃんに抱きつかれる&手を握られる(恐すぎでしょ)。

③角打ちで「女性一人はごめんなさいね」と入店拒否(素面の状態で)。

④「子どもは?」とか「結婚は?」とかプライベートなことを根掘り葉掘り聞かれ絡まれる(※回答によって、さらに面倒な会話に発展する恐れがありますので女性は要注意)。

⑤店主と常連さんで和気あいあいの立ち飲み。新規客は完全無視でアウェイ中のアウェイ。

ほとんどが「人」に纏わることです。①~④は、筆者の性別によるものなのでしょうがないんですけどね。頻繁に飲み歩いてるので、こんなこともあります。

特に④は何度もありますね。この話題を目上の男性がしてくると、大半が面倒な会話に発展する傾向にあります。ご自身の価値観を押し付けられたりなどなど。「どうなんですかね~」などハッキリ答えず、違う話題にしてしまうのが切り抜けるポイント。

ちなみに酒場で会話をしたくない場合、スマホをいじったり本や書類など取り出して読んだりなんてことがおすすめです(たまに怒られることもありますが)。会話を遮りたい場合は、お手洗いへ行ったり、「あっ、仕事のメールが!」なんてスマホに集中ってのもありです。

仕事じゃないんです。疲れを流しに飲みに行ってるので、嫌だったらさっさと酒場を出て次に行くのが一番です。

まとめ

参考になるんだか、ならないんだかわからない記事になってしまいました。

059
(池袋の某角打ちにて)

とにかくお伝えしたいことは、一人飲みは嫌なこともたまにあるけれど、それ以上に嬉しいこと楽しいこと心地いいこともあって病み付きになるよってことです。

やっぱり入店するのに最初のちょっとした勇気は必要ですが、勇気を出して入ったお店ほど、自分にとって居心地がよかったり、美味しかったりって時の嬉しさもひとしおです。

入店時に声を出すのが恥ずかしいようでしたら、指を一本立て店員さんにアイコンタクトがおすすめです。後は、誰かと行ってこのお店いいな~と思ったら後日一人飲みをしてみるとか。また違った感覚で楽しめるのではないでしょうか。

迷っている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。自分に合ったお店が見つかりますように…。



エッセイに興味を持った貴方にはこちらもどうぞ↓

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク