東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

白楽「かずさや」酎ハイ300円・おでん70円から!和気あいあい、おでん屋台のようなディープ酒場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
神奈川県横浜市、東横線の白楽駅付近にある「かずさや(神奈川県横浜市神奈川区六角橋1丁目10-11)」で、和気あいあいの一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

横浜駅から東横線に乗り5分ほどの距離にある、白楽駅。駅のすぐそばには昭和の面影が残る六角橋商店街があり、風情が感じられます。もちろん駅周辺には飲み屋が多く、中には気軽な価格帯の酒場も。

そんな白楽駅で途中下車。立ち寄ったのは六角橋商店街の仲見世通りにあるこちらのお店です。

おでん屋台のようなディープ酒場「かずさや」

今回立ち寄った「かずさや」は、創業から17年程だと言う、まるでおでん屋台のような酒場。

地元の常連さんが集う、和気あいあいとした雰囲気のお店です。

場所は白楽駅から徒歩5分程。六角橋商店街の仲見世通りにあります。

最初、お店の前を通ると…常連のお父さんたちが肩を並べ和気あいあい。

若干入り辛いタイミングな感じなので、一旦他も探してみようと素通り。探して見るものの、やっぱりこちらが気になると言うことで、引き返してお邪魔します。

こちらは扉などはなくアーケードの商店街に直接面したオープンスタイル。カウンターの前には10席ほどのパイプ椅子が置かれていて、常連のお父さんたちで賑わっています。

「ここいいですか?」と尋ねると「こっちどうぞ」と、優しそうな雰囲気の店主のお父さん。

「よそ者が突然来ちゃってすみません」みたいな恐縮な気持ちで、空いている椅子に座ると、「何ちゃんだっけ?」、「どこ出身?」、「カンパーイ」と常連さんたち。

皆さん陽気で、たまたま話しかけてくださったりして、愉しい時間。この辺りのことから、妙蓮寺の酒場、青線なんてディープな話題まで。すごく興味深くて、ずっと聞いていたい。

なんだか北九州の角打ちを思い出すような…そんな温かな雰囲気だ。

ほぼ外なんで、もちろん夏は暑いし、冬は寒い。

カウンター下からは蚊取り線香がふわっと香り、なんだか懐かしい。

「夏は蚊が多いからね」と、カウンター上には虫除けが置かれていたりする。

カゴにはハズレ馬券がどっさり。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みで後払い。お通しが出てきますが、無料サービスとのことです。

お酒は、生ビール、酎ハイ類、おでんだし割りなどが300円、ハイボールや本格焼酎は350円。

おでんは1個70円から。おつまみは150円~500円ほどの価格帯。

おでんおまかせ5品とドリンク1杯のおでんセット650円なるものも。焼さつま揚げ60円~も気になる。

ごはんものも。うどんナポリ450円とか気になる。

早速はじめますか!

まずは「ハイボール350円」をもらいます。シュワシュワで濃い目!

一緒に「お通し」でミミガーがでてきましたが、こちらは無料サービスなのだそうです。ありがたいなぁ、やわらかくて美味しいね。

続いて、「これどうぞ、お客さんからおすそ分けもらったから」と店主のお父さん。新参者の筆者にも出してくれました。

鶏肉の煮物でさっぱり生姜がきいていて美味しいな。ごちそうさまでした!

2杯目はお隣の常連さんが呑んでいた「抹茶ハイ300円」に切り替え。抹茶の味がしっかりしていて美味しいー!グビグビいける。

おでんも食べたいなってことで「はんぺん90円」「大根100円」。おでん出汁は、醤油ベースでダシがしっかり。このおでん出汁が、これでもかってくらい、大根やはんぺんに染みてる。

ああ、めっちゃお酒がすすむおでんだ。まさに酒飲みのためのおでん、美味しいね。

3杯目も「抹茶ハイ300円」をもらったら、「この1杯、俺につけてよ」と隣席のお父さん。陽気に声をかけてくださって、この辺りのことを色々と教えてくださったんです。

なんだか申し訳ないなぁ。でも、お断りするのも悪いってことで、ありがたくいただきます。

さらに話が弾んでしまい、もう1杯もらおうと最後に「抹茶ハイ300円」。すると、別の常連のお兄さんが「1杯ごちそうします」と…(笑)。申し訳なさすぎると思いつつも、いただきます。

白楽の呑んべえさんたち、気前が良すぎるよ。次回お会いしたら、今度は私からごちそうさせてくださいね。

お会計

★840円
※お酒2杯、サービスのお通し・差し入れおつまみ、おでん2品
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込

まとめ

昭和の面影が残る雰囲気の中、和気あいあいと温まる一杯が楽しめました。

陽気な常連さんたちのおかげで楽しい時間、白楽の呑んべえさんたちは粋でカッコいいなぁ。

タイミングによっては入り辛さがあるかもしれませんが…ぜひ一人で立ち寄って欲しいお店です。

お手洗いは商店街共同。

またふらりと。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆
タバコ:喫煙

「かずさや」の基本情報

営業時間:15:30~22:30or23:00とか
定休日:雨ザーザーとか天候の悪い日
※閉店時間は日によって変動するようです
※定休日をお店の方に確認すると、「天候の悪い日」とのこと。食べログを確認すると定休日は日曜と記載されていたから、もしかしたら日曜も休みなのかも。

お店情報六角橋商店街公式

関連ランキング:おでん | 白楽駅東白楽駅

白楽駅周辺の様子

白楽駅西口を出るとすぐ、六角橋商店街の大通りがあります。六角橋商店街には約170店舗ものお店があり、地元の方によると戦前からあるとのこと。

六角橋商店街の大通りのわき道を入ると、昭和の面影が残る仲見世通り(ふれあい通り)の入口。こちらはアーケードがあるので、雨でも安心。

仲見世通りには、味のある飲み屋がたくさん。

結構遠くまで商店街が続いている。

この仲見世通り、過去に放火で何度か火事になっているのだとか…酷い人がいるもんだ。

仲見世通り途中でみつけた気になるお店。隠れ家もんじゃですって!気になる。

仲見世通りのわき道を入るとこんな風景。

駅周辺で気になった酒場。次回必ずや。

かずさやの常連さんに連れて行ってもらった、駅周辺の小料理屋さん。せんべろって感じではないけれど、ホッと落ち着けるお店でした。

こちらも駅周辺、せんべろは難しそうだけれど、和ちゃんって言うもつ焼き屋さんが気になる。

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年08月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク