東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

板橋「カラオケルーム10」お酒&駄菓子の食べ飲み放題付きのカラオケ1時間千円!昔ながらのカラオケ店

※当記事は2015年9月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

この日は、仲間と板橋ではしご酒。「肴とお酒 うえだ」で美味しい一杯を楽しんだ後に立ち寄ったのは、気になっていたこちらのカラオケルームです。

昔ながらの老舗カラオケ店「カラオケルーム10」

板橋駅近くにある「カラオケルーム10」は、昔ながらのカラオケルームなのですが…こちらの一風変わったシステムについて、とても気になっていました。

IMG_1738

場所は、板橋駅西口から目と鼻の先にあります。

IMG_1695

店先の看板を見ると…「お酒&駄菓子の食べ飲み放題付きのカラオケが1時間1000円」。と言う酒飲みにはありがたすぎるシステム。

普段は全くカラオケに行かない筆者なのですが、こちらのお店のどこか懐かしい昔ながらの雰囲気やお酒×駄菓子が食べ飲み放題というポイントにすごく惹かれたのです。

さて、何にしようかな

システムは、入口のカウンターで利用時間を伝えて前払いです。1時間=1000円をポッキリお支払いします。

IMG_1699

食べ飲み放題については上記写真の様にルールがあります。

飲み放題のお酒は、酎ハイ・サワー類が中心でその他はカクテルやハイボールなど(ビールがないのがちょっぴり残念)。ちなみにドリンクを残すと200円取られるとのことなのでご注意しておこう。

IMG_1701

カラオケルームに案内されたら、テーブルにあるお皿を持って駄菓子コーナーへ!1回につき5個まで好きなのを持っていけるそうです(2回目はもちろん1回目の駄菓子が食べ終わってから)。

駄菓子は種類豊富でどれにするか迷います。お腹にたまりにくいおつまみ系メニューが揃っているのも嬉しい。

1000円で飲んで食べて歌って懐かしい

カラオケルームは、昔ながらのどこか懐かしい雰囲気。ドアを閉めていても、周りからの音漏れは当然あるけれど…恥ずかしさは捨てて思い切り歌おう。

お酒&駄菓子の食べ飲み放題1000円

IMG_1714

飲み放題は1~3杯目までずっと「紅茶ハイ」。大好きな紅茶ハイがあるのが嬉しい!焼酎は濃くも無く薄くも無く、確か甘くなかったはず。

IMG_1707

「食べ放題の駄菓子」はおつまみ系を中心にパクパクと。蒲焼さん太郎懐かしいね。

IMG_1725

カラオケも勿論!機種は恐らくDAM。カラオケ苦手とか言っときながら、10曲近く熱唱したような…(笑)。

お会計

カラオケ1時間(お酒&駄菓子の食べ飲み放題)1000円

※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込

飲んで歌って懐かしさにもふれられて大満足!

1000円で紅茶ハイ3杯と、懐かしの駄菓子をお腹いっぱい食べられただけでも満足なのに、更にカラオケまで歌えてしまうと言う…ステキなお店でした。後1杯飲みたい時に本当に良いお店です。

カラオケに普段全く行かない筆者でも、また伺いたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆

「カラオケルーム10」の基本情報

関連ランキング:スイーツ(その他) | 板橋駅新板橋駅下板橋駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年09月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク