東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

新橋「肉の万世 大人のドリンクバー」飲み放題30分390円!ニュー新橋ビルにせんべろスポット誕生

※当記事は2015年10月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ニュー新橋ビル「肉の万世 大人のドリンクバー」

この日は、旧友たちと大井町・新橋でハシゴ酒。立ち飲み続きで、少々疲れたねと伺ったのは、ニュー新橋ビルに最近オープンした穴場のこちら。

筆者の中でのニュー新橋ビルにおけるせんべろの考察は先日ご紹介した「破天荒(立ち飲み)」でお伝えした通り。そんな、せんべろ酒場が片手で数えるほどしかないチョイ高なイメージのこのビルに、またせんべろスポットが誕生したとの情報をキャッチ!ってな訳で鼻息を荒くして仲間に付き合ってもらった次第である。

こちらは「肉の万世」が近年展開する大人のドリンクバーの新橋店。ニュー新橋ビル内の「肉の万世」に併設されているお店だ。伺ったところ、ワクワクが止まらない穴場スポットであったので、ぜひ呑んべえの皆さまにご報告したい。

IMG_3266
場所は駅からもアクセスしやすいニュー新橋ビル3階にある。ちなみに、肉の万世から少し歩いたところにある。(万世のはなれ的な位置づけ。)ちなみに営業時間は平日の17時~23時(LO22時半)までだそう。

IMG_3234
店内はご覧の通り広々ゆったり。21時過ぎに伺うと、お客さんは誰もおらず貸し切り状態!ちなみにカウンター席はなくテーブル席のみ。

さて、何にしようかな

システムはオトナのドリンクバーは30分で390円。基本1時間からだそうなので、実質1時間780円。また1人1品のフード注文は必須となる。

ちなみに価格は税別表記で、会計は後払い。お通し・席料はかからない。

IMG_3241
アテは400円ほどのちょっとしたものから、3000円以上のお肉メニューまで幅広い。

IMG_3244
通常のメニューはもちろんお高め。

IMG_3228
オトナのドリンクバーは、生ビール、焼酎、日本酒、梅酒、ワイン、マッコリ、泡盛…と様々なお酒が揃う。

IMG_3239
呑べえにファンが多い、キンミヤも設置されている。

オトナがはしゃぐドリンクバー

IMG_3232
まずは、生ビールからいきましょうかね。自動マシンにジョッキを乗せてポチっと!ふふ、愉しいなぁ。

▼キムチ@350円
IMG_3247
恐らくこれが最安値のアテ。ちょっとタレのような甘めのタイプ。後から辛みがくる。

▼茄子の漬物@431円
IMG_3252
仲間が頼んだアテ。写真は撮ったものの、苦手なので食しておりません。。

▼ハンバーグ@1231円
IMG_3260
仲間が頼んだアテ。この時間からハンバーグ?なんて思いながら一口。

うっ、ウマーーーーー!ジューシーで肉の旨みが凝縮されたようなハンバーグ。これは本当に美味しい。これは確実にリピートしたい。とりあえず仲間に感謝(笑)

お次は…何を飲もうかな。

IMG_3261
大好きな酎ハイを自分好みに作っちゃおうと!キンミヤをたっぷり注いで、シュワシュワ炭酸を入れる。

IMG_3263
レモンはちょこっとね。ん~さわやかで美味しい!自分で作ったから美味しさもひとしおだね。

お会計

◆ドリンクバー1時間@780円×3
◆キムチ@350円
◆茄子の漬物@431円
◆ハンバーグ@1231円
+消費税
1人あたり1500円ほど

※お酒2杯、アテ3品シェア

オトナのドリンクバーは愉しい!

ドリンクバーにはしゃいであっと言う間の1時間でした。当然ながらお肉の専門店だけあり、ハンバーグはとっても美味しかったです。

ゆったり座れるのに席料はかからず、ドリンクバーでワクワク愉しめて、飲み放題で沢山飲んで(3~4杯イケました。)、アテは美味しくて、こんなに満足できて1500円って相当安いと感じました!

ちなみにカウンター席はなく、テーブル席のみのようなので、グループでワイワイなんてシーンにピッタリだと思います。

また、仲間と伺いたいです。

満足度★★★★☆

⇒肉の万世オトナのドリンクバー詳細

関連ランキング:ハンバーグ | 新橋駅汐留駅内幸町駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年10月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク