東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

江古田「やきとり鳥笑」名物鳥かわ80円をシャリキンホッピーでグビっと!賑やかな焼き鳥立ち飲み

※当記事は2017年3月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

西武池袋線で池袋駅から3駅&6分ほどで到着できる江古田駅は、大学がいくつかあり学生街でもおなじみの街。

駅前には、江古田銀座商店街が存在し、駅周辺をぐるりと歩いてみれば、立ち飲み、大衆食堂、大衆酒場、角打ちのような酒場など、良心的な価格帯の酒場をいくつも見つけることができた。せんべろ愛好家にとっては、歩くだけでもワクワクするようなそんな興味深い街なのかもしれない。

天ぷら立ち飲みを楽しんだ後に立ち寄ったのは、偶然見つけたこちらの立ち飲み。

焼き鳥専門店「やきとり鳥笑」

「やきとり鳥笑」は、創業から3年程の持ち帰り&立ち飲み営業をしている焼き鳥専門店。老若男女問わず和気あいあいと賑わうお店。

IMG_2639

場所は江古田駅南口より、徒歩2~3分ほどとなり、アクセスしやすい

IMG_2637

歩いていて目に飛び込んできたのはこの「シャリキン」と書かれた看板。

混雑時はさておき、店先にしっかりと価格表記があったり、現代的な店構えなので、初訪で1人でも入りやすい印象

IMG_2677

扉を開けると満員状態!「入れますか」と尋ねると「ちょっとまっててください!一杯飲んでってください」と気さくな店員のお姉さん。

小さな店内はカウンターがのび、10名ほどで満員な広さであろうか。

IMG_2685

とても賑やかで、学生街とあって女子大生から6~70代の年配男性まで、老若男女問わずで和気あいあいと賑わっている。少々耳が痛いシーンもあったので、静かに飲みたい方は向かないかもしれない

とは言え、店員さんが気さくだったりするので、空いているタイミングだったら快適に飲めるのかもしれない。

IMG_2640

店先でも飲むことができるので、暖かくなったら外で一杯なんてのも良さそう。

さて、何にしようかな

価格表記は税抜き会計時に消費税

IMG_2654

注文はボタンで店員さんに知らせよう!

IMG_2642

お酒は生ビール(おそらくサッポロ)・サワー類・ハイボールが350円、ホッピー外280円、シャリキン中200円、焼酎中180円、日本酒350円~、ワイン300円などが並ぶ。

焼き鳥は1本80円~1種1本から注文することができる。

IMG_2682

黒板メニューも!焼き鳥だけでなく、鳥刺しなどちょっとした一品ものが並んでいたりも。

IMG_2653

レバー赤ワイン煮280円なるものも。美味しそう!

焼き鳥とシャリキンでサクっと一杯!

▼シャリキンホッピー@480円
IMG_2646

シャリキンホッピーを注文!基本ジョッキが凍っていたり、していなかったりするパターンがある模様。

IMG_2649

シャリっと冷たくて美味しいー!暖かくなったら最高だろうな。

▼ささみ刺し@380円
IMG_2659

アテは店員さんおすすめのささみ刺しから。新鮮でやわらか~そしてコクのある醤油がホッピーをすすませてくれる。

▼ひね@100円/かわ@80円
IMG_2667

焼き鳥は「かわ」と「ひね」もらった。

かわは、先端にお肉がついている!そして香ばしくてやわらかいタイプ。ひねは噛み応えのあるタイプ。

お会計

800円ちょっと(1人あたり)

IMG_2691

※シャリキンホッピー1杯ずつ、上記のアテシェア
※チャージ:なし
※価格表記:税抜き(会計時消費税)

まとめ

閉店間近だったので1杯でサクっと店を後に。和気あいあいと賑やかで楽しい雰囲気のお店でした。

店員さんたちが気さくなので、一人でもふらりと気軽に立ち寄れそうですね。

そういえば店員のお姉さんが、「ネギは畑から採ったものを使用している」なんてことを仰っていた。今度は、ねぎま&シャリキンの組み合わせをいただきたいです。

ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

「やきとり鳥笑」の基本情報

IMG_2664

※基本、投稿内容は初回投稿(2017年03月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク