東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

牛込神楽坂「飯島酒店」シャリキンホッピーで喉を潤す!気軽に立ち寄れる居心地の良い角打ち

※当記事は2017年5月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

気軽な角打ち「飯島酒店」

「飯島酒店」は、三代続く老舗の酒屋。

店内でちょっと一杯気軽に立ち飲みできる、いわゆる角打ちのお店です。

IMG_3730

場所は牛込神楽坂駅から住宅街の方に歩くこと5分少々。

気温が高かったこの日、仲間が既にこちらで飲んでいたので、少し速足でお店へ向かう。もうね、汗ダラダラです。

少し扉が空いているので、スッと入れますね。

IMG_3741

店内は立ち飲み用のテーブルがいくつかあり、10名ほど入れそうな広さ。先客には常連であろうサラリーマンのおやじさんたちが愉しそうに一杯やられています。

奥にすすむと、缶ビールやチューハイ、角打ち特有の乾きもののアテなどが売られています。そして、注文カウンターの前に立つのは、にっこり笑顔の気さくな女将さん。これは一人でも居心地よく利用できそうな雰囲気

さて、何を購入しようかな。支払いはもちろん商品と引き換えのキャッシュオンです。

とにかく暑いし喉がカラカラで、冷たいものが欲しい…ということで「シャリキンホッピーください!」

シャリキンホッピーで喉を潤す!

▼シャリキン+ホッピー白@255円/チーズ@90円
IMG_3734

シャリキン+ホッピーと6Pチーズ=345円。安っ!注文すると奥からマドラーを出してくださいました。

※合計が345円だったのは確かなのですが、単体の価格が違っていたらごめんなさい。

IMG_3736

シャリキンパウチを開けてホッピーと混ぜ混ぜ。

▼柿の種@サービス
IMG_3744

すると女将さんが「サービスです、どうぞ」と柿の種をだしてくれました。こういったサービス嬉しいなぁ。後は仲間からチーカマをおすそ分け。

ポリポリと柿の種をつまみながら、ひんやりと冷たいホッピーで喉を潤す。ああ、至福な金曜。疲れも流してくれるかのよう。

テーブルには常連さんであろう方々との写真、じっと見てしまいますね。

IMG_3739

そして、ずらりと並ぶお酒を見たり…「あれ飲んでみたい!」、「これ、こんなに安いの?」なんてお酒への興味がグンと湧いてきます。

IMG_3748

また、店内には懐かしのポスターなどがペタペタ貼られていたりと、一人でも店内の風景を眺めているだけで楽しめそう。

お会計

345円(1人飲み)
※シャリキンホッピー、チーズ
※チャージ:なし
※価格表記:税込か税抜きか失念
せんべろろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

ちょっと一杯、シャリキンホッピーで喉が潤せて満足です。女将さんもお優しくすごく居心地よく飲めました

小さなお店なので1~2名がフィットするお店だと思います。気軽な雰囲気なので、一人でも立ち寄りやすいのではないでしょうか。

朝から営業されている分、閉店時間が早いので要注意です。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

タバコ:喫煙

「飯島酒店」の基本情報

※基本、投稿内容は初回投稿(2017年05月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク