東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

高円寺「七助」刺身など旬の魚料理に舌鼓!魚が安くて美味しい趣きのある立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

魚が安くて美味しい立ち飲み「立ち飲み 七助」

「立ち飲み 七助」は、創業から20年程の趣きのある立ち飲み。安くて美味しい魚料理でちょっと一杯、気軽に楽しめるお店です。

ちなみに翌4時まで(早仕舞いあり)深夜営業されているので、付近の立ち飲み屋の店主から「こないだ閉めた後に七助さんに行ってきた」という声を耳にすることも。

IMG_2371

場所は高円寺駅北口から徒歩2~3分ほど。

実は何度か訪れているのですが、一人で立ち寄るのは初めてだったりします。

入口には縄のれんが掛かり、趣のある店構え。店主のお父さんは、創業から20年ほどと仰っていたけれど、それ以上の貫禄が感じられます。

IMG_2396

店内も昭和風情が感じられるような、味わい深い雰囲気。奥では店主のお父さんが、お一人で切り盛りされています。

訪れたタイミングには、ちょうどオーダーが多く入っていたようで、とてもお忙しそう。カウンターの前に立ち、一段落つくまでしばしメニューをみて待つことにしましょう。そして見計らって注文!

IMG_2382

入口にはカウンターが2つ、厨房前にもカウンターがあり、15名ほど入れそうな広さでしょうか。

IMG_2384

この日の客層は、2~40代のおひとりさま男性と女性、カップル、サラリーマングループなどが見られ、本当に1杯でサッと帰るお客さんから、数杯飲まれている方まで様々。

和気あいあいというよりは、皆さんそれぞれの一杯を愉しまれています。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み後払い

お一人で切り盛りされているので、注文は厨房前のカウンターまで自らしに行きます。そして飲食後には厨房前のカウンターに食器類をお戻し

IMG_2397

お酒は、生ビール380円(アサヒ)、酎ハイ270円、お茶ハイ類・サワー300円、菊正宗250円、焼酎270円から、赤ワイン270円など。

地酒もあり、高清水350円や浦霞380円など。

IMG_2375

おつまみは旬の魚料理が中心。ちょっとした一品ものは100円からあり、刺身など魚料理300円~。中には、ぶり寿司3個250円なんてメニューも。

カマ塩焼き350円は人気メニューのようで、すぐに売り切れていました。

旬の新さんまタタキでちょっと一杯

▼ウーロンハイ@300円
IMG_2376

1~2杯とも「ウーロンハイ300円」をもらいます。存在感のある焼酎、しかも濃い目で嬉しい~~~!

▼新さんまタタキ@350円
IMG_2386

アテは旬の「新さんまタタキ350円」にします。さんまは新鮮で脂がのり、生姜がさっぱりと良いアクセントになっていて美味しい。これはお酒がすすむすすむ。

IMG_2394

ツマは機械で切られているそうだけど…シャキシャキ食感がよくて、ペロリと食べきってしまった。

お会計

950円ほど(1人)
※ウーロンハイ2杯、新さんまタタキ
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

帰り際には、食器類をまとめて厨房前のカウンターへ。美味しい魚と濃い目の焼酎で気軽にほろ酔いになれて大満足です。

一人だと特に入りづらい雰囲気はありますが…入ってしまえば落ち着いて飲めました(ちなみに、おひとりさま女性もちらほら見かけました)。ただ、お一人で切り盛りされていることもあり、接客サービスを求めている方には向かないかもしれません。

深夜営業されているのは、付近の方にとっては嬉しいポイントですよね。

今度はカマ焼きで一杯飲みたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆
タバコ:喫煙

「立ち飲み七助」の基本情報

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク