東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

名古屋-大曽根「長太屋酒店」名古屋みそカツ50円で芋焼酎150円をすする!ホッと温まる老舗角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
名古屋市の大曽根駅&森下駅付近にある老舗酒屋「長太屋酒店(愛知県名古屋市北区東大杉町4-38)」で、ゆったりと温まる一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

筆者の産まれ故郷でもある愛知県名古屋市に、LIVE遠征でやってきました!

名古屋市内には、立ち飲みや大衆酒場をはじめ、味噌カツや味噌おでんなどで一杯飲める酒場など、魅力的な酒場がたくさんあります。

そんな名古屋で今回は、お酒が安く楽しめる酒場をテーマに、ふらりと酒場放浪…

ホッと温まる老舗角打ち「長太屋酒店」

「長太屋酒店」は、昭和20年から続く老舗酒屋。立ち飲みコーナーが併設されており、ホッとひといき角打ちができるお店です。

IMG_9997

場所は森下駅から徒歩10分程足らずとなり、大曽根駅からだと徒歩15分足らずでしょうか。

入口は酒屋と立ち飲みコーナーと別れていますので、立ち飲みの方の引き戸を開ける。初訪だとほんのちょっとだけ勇気がいる感じです。

IMG_0021

お邪魔すると「うわっ、温かい」。この日は凄く寒かったので、ポカポカの店内にじんわりと温まる。

IMG_0046
(ビールケースの椅子があり座れます)

立ち飲みコーナーにはカウンターが伸びていて、10名入れるかどうかの広さ。

味わい深い店内は、まるで昭和にタイプスリップしたかのよう。

カウンター前に立つと、「何にしますか?」と優しい雰囲気の店主のお父さん。ご夫婦で切り盛りされているようで、順番で店番をされていました。

先客は新聞を読む男性。なんだか凄くゆったりとした時間が流れています。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みキャッシュオン。一部座れますがお通しや席料はかかりません

IMG_0018

小銭や1000円札を用意しておこう。

IMG_0017

お酒は、ビール大瓶360円・中瓶310円・小瓶220円、発泡酒170円~、焼酎120円~など。ワンカップや冷酒250円、缶チューハイ、角ハイ、梅酒などもあるようです。

IMG_0038

瓶ビールは、アサヒ、キリンラガー、サッポロ黒ラベル、エビスの中から選ぶことができます。

IMG_0036

おつまみは、駄菓子や乾き物、缶詰など。

IMG_0021

乾き物はこんな感じ。あっ味付け海苔がある!名古屋らしく駄菓子のみそカツなども。

ゆったりホッと落ち着く楽しい時間

▼黒霧島お湯割り@150円/みそかつ@50円
IMG_0009

寒かったので「黒霧島お湯割り150円」にしよう。アテには名古屋らしく「名古屋みそカツ50円」

早速お湯割をすする。くぅ~~~!凄く温まる。

IMG_0008

「名古屋みそカツ50円」は本当に味噌かつの味だ!美味しいけれど、もうちょっと味噌が濃い目でもいいかな、なんてわがまま言ってみたり(笑)。

こういったご当地の駄菓子が、角打ちでいただけるのは嬉しいなぁ。

IMG_0035

静かでまったりとした店内には、年季の入ったラジカセから流れるラジオが響く。

目を瞑って椅子にちょこんと座っている店主のお父さん、新聞を読んでいるお客さん。たまたま流れていた大阪番組の川柳に、揃ってクスリと口角がゆるむ。イイなぁこんな雰囲気。

なんだかこの空間にいると、不思議と駄菓子屋を思い出す。

▼黒霧島お湯割り@150円/おせんべ@40円
IMG_0014

2杯目にも「黒霧島お湯割り150円」。アテには「おせんべ40円」をもらおうっと。

IMG_0032

飲みながら店内を見まわすと、相撲関連の写真や手形、中日ドラゴンズ方のサインやカレンダーが飾られていたり。見ていると酔いアテになる。

IMG_0025

途中、店主のお父さんにこの辺りのお話を伺う。昔のこの辺りには、映画館や赤線などがあったりして、賑わっていたのだそうです。角打ちをやられているお店ももっとあったそうですが、今ではほとんどなくなってしまったのだとか。

IMG_0023

次第に常連さんたちが集まってきて、名古屋市内のお店をご親切に教えてくださったりで愉しい時間。

本当は2杯くらいでお暇しようと思ったのだけれど、居心地がよくって、もっとここでの時間を過ごしたくなってしまった。よし、もうちょっと飲んでいくことにしよう。

▼アサヒ大瓶@360円
IMG_0030

という訳でたっぷり楽しめる「大瓶360円」をください。銘柄は各社あってどれにしようか…キリっとしたアサヒにしようか。

▼ところ天@160円
IMG_0041

ビールのアテには、常連さんがおすすめしてくださった「ところ天160円」をもらいます。注文するとお母さんがサッと作ってくれます。

IMG_0044

つるつるでサッパリ!うん、いいつまみになるね。

お会計

910円
※黒霧島お湯割り2杯、大瓶、つまみ3品
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込

まとめ

まったりゆったりとした時間が過ごせて大満足です。まるで子どもの頃に通った駄菓子屋を思い出すような…そんな懐かしい気持ちに。

こちらで休日の昼下がりにまったりと一杯。そんなことが日常でできる地元の方が羨ましくなったのでした。

ちなみにお手洗いは和式です。ちゃんとお借りできるのがありがたすぎます。

今度は父と一緒に行きたいなぁ。名古屋にこんな素敵なお店があったんだよって。ごちそうさまでした!

満足度★★★★★
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

IMG_0022

煙草吸えますし、売ってましたよ。

「長太屋酒店」の基本情報

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク