東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

蒲田「ゆ~シティー蒲田」温泉の後は宴会場で一杯!黒湯の温泉が楽しめる駅近くの温泉施設

※当記事は2016年1月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※飲酒直後の入浴は身体に大きな負担、入浴直後の飲酒はまわりやすいのでご注意ください。

蒲田駅から徒歩5分「ゆ~シティー蒲田」

肩コリがひどいこの頃…ということで、都内で仕事帰りに寄れる温泉はないものかと探し見つけたのが、今回ご紹介する「ゆ~シティー蒲田」。

蒲田駅東口から徒歩5分程とアクセスしやすい場所にあり、海藻エキスを含む黒湯の温泉とホールのお食事処(カラオケもある宴会場)ではお酒も楽しめる気軽な温泉施設です。

IMG_0641

駅から向かう途中には昭和居酒屋がポツポツあったりして、歩くのが楽しい。本当に徒歩5分程で着いてしまいます。

IMG_0643

朝11時~24時まで営業しているそうです。火曜日が定休。

IMG_0647

下駄箱に靴を入れて早速入りましょう。

IMG_0651

内観はこぎれいで、赤を基調としておりどことなく昭和が感じられる雰囲気。

IMG_0653

入浴料は上記写真の通りで券売機で購入。本当に手ぶらで何も持ってきていないので、手ぶらセット800円にしました。

IMG_0662

手ぶらセット800円は、タオル、バスタオル、石鹸、シャンプー&リンス(メリット)、サウナ用リストバンドのラインナップです。

IMG_0664

他にもこんな感じでアメニティが揃っていました。

ロッカーは100円コイン(返却)、ドライヤーは3分=20円なので、予め小銭を用意しておきたいですね。ちなみに筆者はセミロングで20円×2回使用でもまだ足りない状態でしたので、ロングなら60円は必要かもしれません。

ポカポカ温まるコーヒー色の黒湯温泉!

お風呂はこじんまりしているものの、ジャグジー、座風呂、電気風呂、バイブラ風呂、水風呂、露天風呂(黒湯の温泉)、サウナなど、複数のお風呂があります。

黒湯の温泉は、露天だけれど外というよりは天井のみ開いているタイプ。

コーヒーの様に本当に黒くて、少しとろみがかっており、そこまで熱くないのでゆっくりつかっていられますね。

色からして、なんだか疲れに効きそうな感じしてきますね。ちなみに調べたところ、昔は大田区が海だったというところから、この黒湯には海藻エキスが含まれていると考えられているそうです。

ひとっ風呂の後には宴会場で一杯!

ああ、いいお湯だったな~~~。

IMG_0667

黒温泉を出て向ったのは、階段を上って2階にあるお食事処(宴会場)。

IMG_0678

あっ!カラオケも完備されていて、宴会場のようです。いいなぁ、この雰囲気。

訪れたのは平日夜ということもあって、静かで落ち着ける空間。比較的、年齢層が高めで常連さんが多い印象でした。

IMG_0676

カラオケはDAMで1曲100円。勇気のある方は、舞台上で歌ってみてもいいかもしれません。

IMG_0673

お酒は酎ハイ類や日本酒は400円程から。つまみは250円から用意されています。

IMG_0682

お食事類も充実。

IMG_0680

お食事処は食券式なので、注文したいものを決めたらその金額分の食券を購入。

▼酎ハイ@400円
IMG_0688

まずは「酎ハイ400円」。シュワシュワでさっぱり。ひとっ風呂浴びた後の一杯は格別です。

▼枝豆@350円
IMG_0696

つまみはヘルシーに「枝豆350円」。塩分が欲しかったから美味しい。

お会計

1人で1550円

※手ぶらセット800円
※お食事処(1杯と枝豆)750円

黒湯の温泉と雰囲気がよかったです

バッチリ効きそうな黒湯の温泉で疲れが緩和されましたし、昭和な宴会場の雰囲気の中、ひとっ風呂後の美味しい一杯が飲めて大満足です。

温泉は体がポカポカになると記載の通り、体の芯まで温まりしばらく汗が吹き出てました。そして、入浴後は速攻お酒がまわるんでご注意ください。

ちなみにスッピンで帰宅しましたとさ。まぁ、誰も見てないだろうし…(笑)。

満足度★★★★☆

施設名:ゆ~シティ蒲田
住所:東京都大田区蒲田1-26-16
営業時間:浴場11時~24時/ホール11時半~22時半
定休日:火曜
食べログゆ~シティ蒲田公式

帰りに寄ってもイイかも↓
蒲田のせんべろ投稿一覧

IMG_0699

帰り道にあった焼き鳥屋に立ち寄りました。

IMG_0724

本当にどれも美味しかったです!1000円一枚は難しいですが、1500円あればちょっと一杯楽しめると思います。

※基本、投稿内容は初回投稿(2016年01月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク