東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

京成関屋「煮込みの大橋」たっぷり黒毛和牛煮込みで美味しい一杯!気軽に立ち寄れる駅前の立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
京成関屋駅と牛田駅付近にある立ち飲み「煮込みの大橋(東京都足立区千住曙町2-2)」で、煮込みや唐揚げで美味しい一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

双方至近距離にあり、乗り換えに便利な京成線の京成関屋駅と東武スカイツリーライン線の牛田駅。駅周辺には、ぽつぽつと立ち飲みや昔ながらの酒場があり、気軽にせんべろてきるような酒場も。

そんなこのエリアでぶらりはしご酒。さてどこにお邪魔しましょうか…

駅前の立ち飲み「煮込みの大橋」

今回立ち寄った「煮込みの大橋」は、2018年3月にオープンしたばかりの、煮込みや焼き鳥などが気軽に楽しめる駅前の立ち飲み。

調べてみると、焼き鳥・もつ焼き、立ち食い蕎麦などを経営している雑賀グループのお店のようです。ちなみにこちらのお隣は、同系列の「雑賀 関屋駅前店」で、店内から暖簾で繋がっていました。

場所は京成関屋駅と牛田駅から共に目と鼻の先。

オープンな店構えなので、気軽に立ち寄りやすいですね。

真新しい店内には、立ち飲み用のV字カウンターがどしっと置かれ、店先には丸テーブルが並びます。このV字カウンターがなんだか三角定規のよう。

カウンターの前に立つと、お若い外国人のお兄さんが「なににしますか?」と一声。

ちなみにお隣は、同系列の「雑賀 関屋駅前店」で、「ゆ」の暖簾で繋がっています(お手洗いなどはこちらを利用)。お隣は、チャージがかかるそうですが座って飲めるようです。

オープンな店構えなので、風がそよそよと入ってきて気持ちがいい。

ちなみにこの日の客層は4~50代の一人客のサラリーマンが中心でした。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みで後払い。

お酒は生ビール中450円(キリン一番搾り)、中瓶450円(アサヒ・キリンラガー)、ホッピーセット380円(中200円)、酎ハイ類300円~、ハイボール330円~など。

日本酒や焼酎も。

おつまみは、名物の黒毛和牛煮込み450円、雑賀自慢の鶏唐揚げ180円をはじめ、串揚げ2本200円~、揚げ物・ちょっとした一品物180円などなど。

本日のおすすめメニューはこのような感じ。お刺身も300円程度で並んでいます。

サービスメニューがあったりも。

早速はじめますか!

まずは「ホッピーセット黒380円」をもらいます。焼酎量はこんな感じ。

あてはまず、「名物の黒毛和牛煮込み450円」をもらいます。思ったよりもどっさり!

レバ、ふわ、もつなど部位が種類豊富で、臭みもなく、脂の甘みが感じられてスープはさっぱりしつつもコクがある。もつはどれもやわらかいし、スープもこってりすぎなくて美味しいな~!

これはホッピーがすすむ。

という訳で「ホッピーおかわり200円」ください!ややたっぷり目だから、3杯は行けそうな量。

もう1品おつまみ欲しいなってことで「雑賀自慢の鶏唐揚げ180円」。サクっと鶏肉がジューシーで美味しいなぁ!1個から注文できるのは嬉しい。

こちらは仲間が頼んでいた「本日のおすすめ串2本280円」。ハツとねぎまだ!筆者は食べてないけれど…どちらも美味しそう。

続いてこちらも仲間が頼んでいた「鶏串カツ2本360円」。お肉はやわらかく、間にネギが入っていて美味しかったそうです。

そういえば、電車が通る度に「ガタンゴトン」という音が響いていて、BGMになっていたのでした。

さて、そろそろお会計してもらいましょう。

お会計

★1315円(1人あたり)
※ホッピーセット2~3杯ずつ、上記のつまみを2名でシェア
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込(会計時消費税)

まとめ

気軽に美味しい煮込みで一杯飲めました!駅近くで、気軽に立ち寄りやすいのが嬉しいですね。

今度は串物で一杯飲みたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

お隣のお店も気になる。

8店舗もあるのですね。

「煮込みの大橋」の基本情報


(雑賀の営業時間)

上記は、店内が繋がっている「雑賀 関屋駅前店」の営業時間。

系列店の店員さんにこちらのお店の営業時間と定休日を尋ねると、「多分営業時間は17時~22時半、定休日は日曜日」とのことでした。

多分と仰ってたので、確実ではないかも…雑賀というお店と繋がっていたので、もしかしたらそちらと一緒の営業時間かもしれません。

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年06月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク