東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

秋葉原「串吟」ハッピータイムは角ハイ190円!レバーが美味しい15時から営業の串焼き立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
秋葉原駅近くにある立ち飲み「立ち飲み 串吟(東京都千代田区神田佐久間町1-8-4)」で、ハッピーアワータイムに気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

電気街やポップカルチャーでおなじみの秋葉原。駅周辺には、せんべろできるような価格帯の気軽な立ち飲みやもつ焼き屋、チェーン居酒屋などをいくつか見つけることができます。

そんな秋葉原で今宵ははしご酒。久しぶりに立ち寄ったのは、秋葉原でおなじみのこちらの立ち飲み。

15時から営業の串焼き立ち飲み「立ち飲み 串吟」

今回立ち寄った「立ち飲み 串吟」は、焼き鳥などが気軽に楽しめる串焼き立ち飲み。おなじみさんが集うお店です。

ちなみに現在、この界隈に3店舗お店を構えているようです(今回訪れたのは1号店)。

場所は秋葉原駅から徒歩2~3分。

混雑しているタイミングはさて置き、扉がなかったりもするので個人的には立ち寄りやすい。

平日15時~18時まではハッピータイムで、超炭酸角ハイボール190円とお得(2018年7月現在)。

入店すると「こちらどうぞ!」と、ハキハキとした店員のお姉さん。カウンターの前に立たせてもらいます。店内は、立ち飲み用のカウンターとテーブルがいくつかあり、20名利用できるかどうかの広さでしょうか。

訪れたハッピータイムの時間帯は、仕事帰りと思しき3~50代の男性で賑わっています。店員さんに声を掛けたり、かけられたりとほとんどが常連さんのよう。黙々と呑んだり、同行者とおしゃべりしたり、皆さんそれぞれの一息をついています。

さて、何にしようかな

価格表記は税抜きで会計時に消費税。

お酒は、角ハイボール・ジムビームハイボール390円(メガ+190円)、生ビール490円(プレモル)、酎ハイ類450円(メガ+190円)など(続く)。

つまみは一品物が280円からあり、サッパリ系や焼き物、揚げ物などが並びます。

隣の男性が食べていた「ポテサラ380円」が美味しそうだった。また、以前に読者の方からおすすめいただいた「あったか酢もつ450円」も気になる…。

引き続き、ホッピーセット450円(中おかわり200円)、本格焼酎500円、カクテル500円などなど。

焼き鳥は信玄どりを使用しているようで、極上レバー100円から創作串180円までの価格帯。

本日のおすすめメニューなども。

早速はじめますか!

まずはハッピータイムでお得な角ハイをもらおうと声をかけると、「メガにしますか?」とお姉さん。もちろんメガでお願いします!

という訳で1杯目は「メガ角ハイ380円」。シュワシュワで濃すぎず薄すぎず丁度良い塩梅。

あてには、すぐ出てきそうな「とり皮ポン酢280円」をもらおうかな。いろいろ気になったけれど、なんだかんだ300円以下のメニューをチョイス。

思ったよりたっぷりで脂がのっていて、やわらかく美味しい!ぽん酢でサッパリ、さらにヒンヤリ冷たくて夏場にぴったり。角ハイがすすむね。

串焼きは「極上レバー100円」「はつ160円」をもらいます。

極上レバーは、塩とごま油で芳ばしく、ぷるっとやわらかくて臭みもなく美味しい。はつは弾力があって、ジューシーさは少なめだけれど、こちらも臭み無しでイイ感じ。

角ハイをグビグビグビと、早速メガジョッキが空っぽ。2杯目どうしようかな、混んできたし今回はこのあたりにしておこうかな。

ということでお会計お願いします!

お会計

★993円(1人あたり)
※メガ角ハイ1杯、串焼き2本・とり皮ぽん酢
※チャージ:無し
※価格表記:税抜き(会計時消費税)

まとめ

滞在時間はサクっと20分、気軽に美味しい一杯が楽しめました。

通常の時間帯だと1000円1枚で楽しむのはちょっと難しそうですが…1500円あれば楽しめるのではないでしょうか。

いつまでやっているかはわからないですが、平日限定18時までのハッピータイムは、角ハイ好きな方におすすめしたいです。おつまみや串焼きも美味しかったです。

またふらりと。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

岩本町付近に座れる「串吟3号店」がオープンされたそうです(2018年5月)。

「立ち飲み 串吟」の基本情報

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 秋葉原駅岩本町駅淡路町駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年07月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク