東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

神田「立ち飲み 大松」イワシ好き必見!ほぼ350円のイワシ料理が楽しめる立ち飲み

※当記事は2015年8月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

イワシ料理が美味しい「大松」

「大松」はイワシ料理専門の立ち飲み屋。なめろうや刺身をはじめ蒲焼やつみれまで、数々のイワシ料理を堪能できるお店です。

一品あたりほぼ350円程度と良心的だし美味しいので、何度か伺っています。

097

場所は神田駅東口から目と鼻の先。入り口は2つあるのでどちらからでも。

095

イワシ料理はほとんどが350円。

109

店内はLカウンターメインで15名入れるかどうかの広さ。

カウンター内では、大将が料理をセッセと作っています。立ち飲みではあるけれど、毎度小料理屋の様な印象を受けます。それは多分大将が作り出すライブ感からなのでしょうか。

周りには赤ら顔の4〜50代のサラリーマンたちが、楽しそうにお酒を飲んでいます。

さて、何にしようかな


(2018年4月撮影)

お酒はサワー類350円、ホッピーセット500円(中250円)、生ビール480円(プレモル)などなど。


(2018年4月撮影)

日本酒も450円からずらっと。


(2018年4月撮影)

いわし料理はほとんどが350円。その他一品料理は250円からあります。

117

そそられるカッパハイ450円なるものも。

イワシ料理と驚きのカッパハイ!

▼チューハイ@350円
103

サッパリしたタイプ。焼酎はキンミヤかな。

▼イワシなめろう@350円
111

アテはやっぱり、なめろうから。

こちらの料理は注文してから、大将が一から目の前で作ってくれます。このライブ感がさらに美味しさを演出されているかのように感じます。

なめろうも注文してから、包丁でトントンとイワシや生姜、ネギなどを叩いています。脂の乗ったイワシとサッパリとした生姜のハーモニーが堪りません。ちびちびいけるよ。

▼イワシつみれワンタン揚げ@350円
116

イワシつみれワンタン揚げは、生ワンタンを取り出し、生のつみれを乗せて包んで、ヒョイと油の入った鍋に落としていく。

パリッとした食感と、イワシつみれのほのかな苦みが美味しなぁ。お酒がグビグビすすんでいく。

▼カッパハイ@450円
121

カッパハイは、メニューを見た瞬間に気になった逸品。ドリンクのようでアテにもなる、お得感のある一杯。

さすがに焼酎の量は少ないし、飲みづらい(笑)。でもその代わりに、自家製味噌が付いてくるよ。

130

この味噌が美味しくって、ポリポリすすむ。

▼つみれポン酢@350円
134

つみれポン酢は、ポン酢でサッパリ、そしてイワシの味がしっかりして、ふんわり美味しい。

お会計

1500円ちょっと(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、アテ3品シェア
※チャージ:なし

まとめ

胃袋が許せば、もっとイワシ料理をいただきたかったです。ホント毎度あれもこれも食べたくなります。

今宵も美味しいイワシ料理がいただけて大満足です。今度は蒲焼で一杯飲みたいです。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

青のり豆腐350円もおすすめ。のり好きには堪りません。

「立ち飲み 大松」の基本情報

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年08月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
エリア:東京都 » 神田
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク