東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

【閉店】渋谷「天天米線」ジューシーなハツに舌鼓!ハッピーアワーがお得な駅近の焼き鳥立ち飲み

※当記事は2015年12月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※こちらのお店閉店し、現在は「瀬戸内とりかつ」という串カツ立ち飲みに変わっています。

この日はLIVEがあり渋谷へやってきました。すっかり上機嫌で仲間と一緒にはしご酒。

駅近の焼き鳥立ち飲み「天天米線」

「天天米線(てんてんみーしぇん)」は、恵比寿にある「あぶりどりバリ鳥」系列の、焼き鳥と米線という麺が名物の立ち飲み。

焼き鳥といえど、キレイでオシャレな雰囲気なので、立ち飲みビギナーであったり、女性一人やグループでも比較的入りやすいお店です。

また、16時〜19時のハッピーアワータイム情報ソース)においては、ドリンクオール300円。立ち飲みでも少々お高め感のあるこの界隈では、嬉しいサービスでです。

IMG_6658

場所は駅前のマークシティの1Fにあり、アクセスしやすい立地。

IMG_6662

店内に入ると、早速元気の良い店員さんが「こちらどうぞ」と迎えてくれました。うん、入りやすい感じ!

カウンターとテーブルがあり、30名入れないほどの広さでしょうか。焼き鳥屋だけどキレイでどこかオシャレな雰囲気だからか、20〜30代の男女グループが多い印象です。

また、荷物かけやハンガーがちゃんとあるのは嬉しい。

さて、何にしようかな

価格は税別表記で会計時に消費税が発生。また、最初にキャベツがでてきますが、サービスとなるようで、お通し代やチャージなどはかからない

IMG_6664

お酒はほとんどが500円前後と立ち飲みにしてはお高めな印象ですが、立地を考えると妥当なのかもしれません。前述したように、16時~19時のハッピーアワータイムでは、ドリンクが300円になるみたいです。

IMG_6666

おつまみは串焼きがメインとなり、ほとんどが200円前後。一品ものなんかもあり、こちらは300円程度。また、店名にも掲げている中国発祥の米線という、麺類なんかもあったりします。

IMG_6660

980円のチョイ呑みセットなるものも。

IMG_6669

串焼きなどの、つまみ類は紙に記入して注文しよう。

ジューシーで美味しいハツとからあげ!

▼生レモンサワー@500円
IMG_6672

まずは「生レモンサワー500円」から!フレッシュで酸っぱウマい。

▼キャベツ@無料サービス
IMG_6668

シャキシャキとした「サービスのキャベツ」はお代わり無料。

▼ハツ@190円
IMG_6675

串焼きは基本、キャベツの上に置いてくれます。大好きな鳥ハツはやっぱり外せない!

「ハツ190円」は、柔らかくちょうど良い塩梅の弾力で、噛むと肉汁がじんわりと滴りジューシー。ああ、美味いなぁ。

▼アボカド@230円
IMG_6685

じんわりと炭火で焼き上げているであろう「アボカド230円」は、ほっくりと柔らかい。わさびのアクセントがいいね。

▼からあげ@280円
IMG_6688

味付けが濃いめな「からあげ280円」は、もちろん鶏肉が柔らかでジューシー。ちなみに3個入り。

お会計

1500円ほど(1人あたり)
※酎ハイ類2杯ずつ、串3本、からあげシェア
※チャージ:なし

今度はハピアワタイムにハツを食べにこよう

場所柄、少々お高めではありましたが…焼き鳥が美味しかったです。賑わってはいるものの、落ち着いて飲むことができました。

マークシティー内で駅近ですし、広めなんで1人でもグループでも使い勝手良いと思います。キレイでオシャレな感じなので、女性一人でも比較的入りやすいお店なのではないでしょうか。

今度はハッピーアワータイムに立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆

天天米線の基本情報

関連サイト:ぐるなび

付近でもう一軒賑わってた立ち飲みに入りましたが…こちらも、緑茶ハイ400円程度、お通し150円と少々お高めでした。

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年12月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
ジャンル:
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク