東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

浅草「安兵衛」酎ハイ250円・焼き鳥100円~!朝飲み・昼飲みもできるディープな焼き鳥立ち飲み

※当記事は2017年2月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

観光スポットでおなじみの浅草エリアは、ホッピー通りなど昼から一杯飲めるお店が多いことでも知られています。

IMG_1904
(ややお高めな価格帯のホッピー通りの様子)

そんな観光客&観光地価格の酒場が多いこのエリアではありますが、一本裏手に入るとディープな雰囲気の漂う、せんべろ酒場が並んでいたりもします。

今回訪れたのは、浅草を訪れたら立ち寄らずにはいられない、ちょっとディープなこちらのお店です。

焼き鳥立ち飲み「安兵衛」

「安兵衛」は土日などには外まで賑わう、浅草で人気の焼き鳥立ち飲み。競馬開催時には競馬中継が流れ、多くの競馬ファンが集うディープなお店です。

IMG_1874

場所は浅草駅から徒歩2~3分程。

訪れたのは日曜の昼下がり、外まで多くの男性客で溢れ…言わずもがな一人だと入り辛さ満載

とは言え、店員の元気で明るいお姉さんが「奥どうぞー!」とすぐさま誘導してくれたりもするので、個人的にはそこまでハードルが高くないです。

IMG_1886

店内では競馬番組が流れ、ワイワイガヤガヤと新聞を片手に持った男性たちで賑わい、ディープで味わい深い雰囲気が漂います。ちょうど競馬中継が終わったようで、ポツポツと店を後にするお客さんも。

IMG_1884

立ち飲み用のカウンターと大きなテーブルがあり、40名ほど利用できそうな広さ。

IMG_1875

フロアでテキパキと動き回るのは、元気で明るい店員のお姉さん。「これ使いますか?」とニッコリとバックハンガーを渡してくれたりと、こういったちょっとしたお気遣いに嬉しくなります。

IMG_1901

もちろんマークカードも設置されている。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込みキャッシュオン

IMG_1876

予め小銭や1000円札を用意しておこう。

IMG_1882

お酒は酎ハイ・サワー類250円~、日本酒・焼酎250円、生ビール400円(アサヒ)、ウイスキーなどが並ぶ。また、獺祭などの地酒があったりも。

IMG_1877

串焼きは1本100円~で恐らく1種1本から注文可能。おまかせやきとりは5本で450円とお得!

IMG_1878

一品ものは200円!

IMG_1880

本日のお刺身200円~やキムチ200円が並んでいたりも。



やきとりとディープな雰囲気をつまみに一杯!

▼酎ハイ@250円
IMG_1889

「酎ハイ250円」は、レモンが落としてありシュワシュワでプレーン。さっぱり旨い!

▼にんにくの芽キムチ@200円
IMG_1890

本当は長芋キムチを注文したかったのだけれど、生憎の売り切れ。ということで、「にんにくの芽キムチ200円」チョイス。

にんにくの芽特有の甘さ、そして汗が吹き出るくらいのピリ辛さではあるけれど…そこまで辛すぎず出汁がきいていて美味しい。これは酎ハイがすすむ。

▼おまかせやきとり5本(塩)@450円
IMG_1893

焼き鳥は基本1本100円~だけれど、「おまかせやきとり5本450円」だと1本90円になってお得!味付けは、塩・タレ・にんにくしょうゆの3種から選ぶことができる。

ランナップは、シロ、カシラ、ハラミ、せせり、ぼんじり。

IMG_1896

ちょっと焦げもあるけれど…どれも香ばしくてジューシー!塩加減もよし。特にぼんじりに脂がのっていて美味しかった。

お会計

575円(1人あたり)
※お酒1杯ずつ、アテ2品シェア
※チャージ:なし
※価格表記:税込(キャッシュオン)

まとめ

ディープな雰囲気の中、気軽に一杯できて大満足です。焼き鳥やキムチももちろん普通に美味しかったですが…何より一番のつまみはこちらのお店特有の雰囲気。やっぱりこういった雰囲気が好きです。

日曜も営業していますし、競馬開催日はと朝飲みできるのも嬉しいです。

競馬場などの雰囲気が好きな方は、楽しめるお店なのではないでしょうか。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆


「地鶏の立呑み 浅草 安兵衛」の基本情報

※基本、投稿内容は初回投稿(2017年02月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク