東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

【閉店】中野「常蔵」絶品イワシなめろうに心躍る !本格派の和食料理や日本酒が楽しめる立ち飲み

※当記事は2017年8月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※こちらのお店は2018年3月で閉店されたとの情報があります。

本格派の和食料理が楽しめる立ち飲み「常蔵」

「常蔵」は、本格派の和食料理や日本酒が楽しめる立ち飲み。美味しい旬の魚や天ぷらなどで一杯できる気軽なお店です。

調べてみると、中野や下北沢を中心に十七番地や常笑など居酒屋を数店舗展開している「JOHコーポレーション」という会社が母体のようです。

IMG_2145

場所は中野駅北口から徒歩3分程の酒場街の一角にあります。

LIVEの時間まで一杯ひっかけようと、中野で一人ぶらぶらと酒場放浪していて、目に留まりました。

IMG_2163

店内は、平日早い時間帯ということもあり、静かで落ち着いた空間。存在感のある木のカウンターと、2~3名用のテーブルが3つあり、15名ほどは入れそうな広さでしょうか。

カウンターの中では、板さんとアジアなお姉さんで切り盛りされています。

IMG_2169

この日の客層は、3~40代の男女でおひとりさまからカップルまで。それぞれの一杯を愉しんでいます。

IMG_2166

テレビを観ながらちょっと一杯。

さて、何にしようかな

価格表記は税抜き会計時に消費税

IMG_2150

お酒は生ビール300円(サッポロ)、瓶ビール600円(赤星、キリンラガー、ハートランド)、酎ハイ・サワー類300円~、焼酎類300円~、ホッピーセット450円(中おかわり250円)、ハイボール300円など。

IMG_2168

日本酒も300円からずらりと揃い、十四代900円~、獺祭900円、仙禽850円、新政800円など人気の銘柄が並びます。

IMG_2149

天ぷらは野菜110円~並び、盛り合わせは600円。珍味などの一品ものは300円程度~。

IMG_2167

カウンター後ろのおすすめメニューには、旬の魚など和食料理が並んでいます。お刺身は500円~で、三点盛りは880円。

IMG_2164

茶碗蒸し600円、気になるなぁ。誰かと来たらいただいてみたい。

イワシなめろうに舌鼓

▼レモンサワー@300円
IMG_2148

今日も暑いということで、まずはサッパリとした「レモンサワー300円」から。ジョッキがキンキンで冷た~い。そして甘酸っぱくて爽やか。あっという間に飲み干してしまった。

また、最初に出してくださるおしぼりがヒンヤリと冷たいのも嬉しい!

▼黒霧島ロック@300円
IMG_2153

レモンサワーを早速飲み終えたので、2杯目は「黒霧島ロック300円」。もちろん安定の味。

▼イワシなめろう@680円
IMG_2154

アテは、ボードメニューの「イワシなめろう680円」にしよう。注文するとカウンター越しから「トントントン」と、魚を叩く音。早く食べたい。

登場すると思いのほか、ボリュームあり!ふふふ、大好きななめろうをこんなにたっぷり独り占め♪

IMG_2159

早速食べた瞬間、思わずニヤリと口角が上がる。

身がしっかり脂が乗ったイワシ、シャキシャキのネギ、爽やかで香り立つ生姜と紫蘇…そして、コクが感じられる味噌の味付け。

こんなに美味しいなめろうはいつぶりだろう。しかも、立ち飲みで味わえてしまうなんて。

半分食べたら、レモンを絞ったり、穂紫蘇を散らしたりして味の可変を楽しんでみたり。最後は紫蘇の葉になめろうを包んでパクッとね。

IMG_2156

なんだかすごく贅沢した気分。幸せ。

お会計

1380円(1人飲み)
※お酒2杯、なめろう1品
※チャージ:なし
※価格表記:税抜き(会計時消費税)

まとめ

なめろうが美味しくてもっと堪能したかったところですが、2杯飲みきったところでタイムアップ。

美味しい肴で気軽な一杯ができて大満足です。まさか立ち飲みで、こんなに美味しいなめろうがいただけるとは!

お料理のボリュームがあるので、個人的には一人よりも誰かと訪れたいお店でした。

近いうちまた立ち寄りたいです。今度は天ぷらで一杯飲みたいなぁ。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

「常蔵」の基本情報

IMG_2253

※基本、投稿内容は初回投稿(2017年08月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
ジャンル:
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク