東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

大阪-西成「難波屋」難波屋チューハイでほろ酔う昼飲み!ライブハウス併設のディープ立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12
大阪の西成区、動物園前駅付近にある「難波屋(大阪府大阪市西成区萩之茶屋2-5-2)」で、噂の難波屋チューハイとカレーシチューでディープな昼飲みを楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

大阪のディープゾーンである西成。西成は大阪の方もあまり立ち寄らないと言うドヤ街の一つ。危ないエリアというのも重々承知ではいますが、魅惑的な酒場が多々あったりもします。

今回もLIVE遠征で恒例の大阪へ一人旅。動物園前駅で下車して西成エリアで訪れたのは、ずっと行ってみたかったこちらの立ち飲み。

朝飲み・昼飲みできる西成のディープ立ち飲み「難波屋」

「難波屋」は、ライブハウスが併設された西成のディープ立ち飲み。朝から営業されているので、朝飲み・昼飲みもできるお店です。

IMG_4871

場所は、今池駅が一番近く徒歩5分少々。新今宮駅や動物園前駅からも徒歩10分足らずで行けます。

お店周辺は、あまり言い表すのが難しいような、そんな雰囲気が漂っていますので、女性一人での訪問はあまりおすすめしません。

酒場好きゆえに、いくつかのドヤ街と呼ばれるエリアに足を踏み入れていますが…西成はその中でも最大級にディープです。

もちろん若干の入り辛さはありますが、個人的に角打ちに比べればなんてことはありません。

IMG_4867

店内はL字の銀のカウンターが伸び、20名利用できるかどうかの広さでしょうか。

ディープな雰囲気が漂っているけれど、同世代であろうお客さんたちの世間話が耳に入る度に、なんだか気軽な立ち飲みのような錯覚を覚える。だけれど周りを見回すとやっぱり独特だ。

奥にもスペースがあり、なぜか音響などが置かれている。「奥もこちらのお店なのですか?」と店員さんに尋ねると、「はい、あそこでライブやったりしてるんです」とのこと。立ち飲みにライブスペース併設って今まで遭遇したことがあっただろうか?一度ライブ時に訪れてみたいなぁ。

IMG_4838

この日の客層は、6~70代の地元のお父さんや2~30代の男性グループなど。一人で黙々と飲んでいる方から会話を楽しむ方までさまざま。

もちろん床が灰皿がわりなので吸殻が散らばり、痰を「カ~~ッ、ペッ!」と、豪快に床へ吐く光景が目に入ってきたりもする。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み後払い

IMG_4837

プレートが伝票代わり。

IMG_4863
(クリックで拡大)

お酒は、生ビール250円、酎ハイ類250円~、名物難波チューハイ300円、日本酒300円~などなど。

おつまみは100円台から各種並び、〆のお味噌汁各種150円やラーメン250円などまで並んでいる。

IMG_4853

瓶ビールは全て大瓶で、サントリーモルツ400円、キリン淡麗400円、サッポロ黒ラベル450円、キリンラガー450円、アサヒスーパードライ450円など。

IMG_4845

こちらは本日のメニュー。まぐろすき身が100円って安すぎる!

IMG_4840

大鍋に入った麻婆豆腐(小は100円)。

早速はじめますか!

▼チューハイレモン@250円
IMG_4835

喉が渇いたので、まずは「チューハイレモン250円」をもらいます。微炭酸で甘酸っぱいタイプ。

▼カレーシチュー@200円
IMG_4849

あてには「カレーシチュー200円(もしかしたら100円の可能性も)」。カレーのあたまで飲むの大好きなので、鍋を見つけた瞬間から頼まずにはいられなかった。

IMG_4851

コクがあり、ごろごろと具沢山で美味しいね。中にはおかわりしている方も。

▼難波屋チューハイ@300円
IMG_4858

2杯目はフォロワーさんおすすめの「難波屋チューハイ300円」に切り替え。この中央のグラスに入ってるのが焼酎で、「お好きな濃さでどうぞ」と店員さん。

割りものは、はじめてお目にかかる「能勢酒造」という大阪の会社が販売している「ノセミネラルレモンサワー」。

IMG_4868

焼酎は、麦茶を入れるような容器からジョボジョボとグラスに注いでくれます。

IMG_4861

好きな濃さで割って早速ゴクゴク。シュワっと甘酸っぱくスッキリしていて美味しい。それにしてもこの焼酎の量…2~3杯分くらいあるのではないだろうか。この難波屋チューハイを2セット飲んだら、結構な酔い具合になりそう。

IMG_4860

カレーシチューとも良く合います。

ほろ酔いになったところで、お会計しますかね。

「お会計お願いします!」というと、「650円です」と店員さん。「えっ???間違ってないですか?安すぎます」と尋ねると「大丈夫です、間違ってないですよ」と店員さん。

ほろ酔いも手伝って間違ってないのかぁ~安かった!なんて店を後にしたけれど、チューハイ250円、カレーシチュー200円、難波屋チューハイ300円=750円。もしかしたらカレーが100円だったのだろうか。なんてちょっとしたモヤモヤ。

お会計

★650円(1人あたり)
※チューハイ、難波屋チューハイ、カレーシチュー
※チャージ:無し
※価格表記:税込

まとめ

その土地が感じられる雰囲気の中、気ままで落ち着いた一杯が楽しめました。

西成という独特なエリアにあったりもするので、そういった雰囲気の酒場が好きだったり、慣れている方におすすめしたいです。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★☆☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★☆☆☆
タバコ:喫煙

「難波屋」の基本情報

関連:難波屋のライブスケジュール

難波屋付近の酒場はこちら↓

大阪-西成「マルフク」ホルモン焼き140円で生ビール220円をグビっと!朝飲みできる激安立ち飲み
大阪のディープゾーン西成のホルモン焼き立ち飲み「マルフク(大阪府大阪市西成区太子1-6-16)」で、朝飲みをしてきましたのでその模様をせんべろレポートします。 LIVE遠征で大阪にやってきました!朝...

大阪のせんべろ投稿一覧はこちら

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年02月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク