東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

田端「もつ焼たつや」味◎価格◎雰囲気◎!ふとした瞬間に頭に浮ぶもつ焼き

※当記事は2015年5月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ファンの心をガッチリ掴んで離さない!

秋元屋系出身とよく勘違いされるそうだが、亀戸ホルモンで修行された大将が営んでいる
こちらのもつ焼きが大好きで、自身にとっては田端駅といえば=「たつや」この店があるから、田端駅で途中下車するのだ!

この日の目的は「三楽」だったのだが…田端で降りた瞬間、こちらのもつ焼きが頭に浮かんでしまいましたよ~という訳で、同じくたつやファンの飲み友と2軒目で伺うことに。
場所は田端駅北口の坂を上ったところの住宅街にあり、徒歩5分くらい。

店内は煙もくもく系でアットホームな感じ。座席はカウンターメインで10名ちょっと入れるくらいの広さ。混雑している時は立ち飲みスペースで待機することも。カウンター内では、気さくな店主と兄ちゃん2人で切り盛りしている。

さて、何にしようかな

酒は焼酎割りがメインで、ほとんど400円くらい。ちなみに焼酎はうれしいキンミヤ!アテはもつ焼き130円をはじめ、レバ刺しやポテサラなどのサイドメニューも充実している。
また、座れるのにお通し・席料なしなのもうれしいポイントだ。

1227

シャリキンホッピーで乾杯!

暑かったんで、冷たいものにしましょう。

黒ホッピー@450円
222

「おつかれさまでーす!」と兄ちゃんが出してくれるのが嬉しいねぇ(*^_^*)ここのホッピーは瓶が出てこないスタイルでシャリキン。プハー冷たくって美味しいなぁ~。

アテは定番でこんな感じ。

シロ・ネギ・うずら@各130円/肉だんご@200円
233

デフォルトで頼むのが、プルンとしたシロ。必ずタレ&酢でいただいております!
こちらのシロはいわゆるテッポウ臭みはないし、プルンとした食感が美味しいんです。タレは濃すぎず薄すぎず、ちょうど良いんだな~これが。

こんどは酢×シロで
226

酢とシロの脂が混じり合い、なんともいえない絶妙なサッパリとした美味しさ。やみつきになるかんじ。

梅酢大根@100円
224

お口直しに丁度イイ一品です。

まとめ

本当、行く度にワクワクする店です。ちょっと坂を上るのは面倒だけど…上る価値はあります!狭いんで1~2名来店がベストですかね。
今回はいただかなかったですが、フランスパン付のポテサラ塩ベースのもつ煮新鮮なレバ刺しなんかもオススメですよ~。

1872

お会計

◆お通し@0円
◆黒ホッピー@450円
◆もつ焼き各種@130円×5本
◆肉だんご@200円
◆梅酢大根@100円

合計:2名、1杯ずつでひとり1000円ほど

お通しなしは大きい!安ウマで頭が下がります。

 

関連ランキング:もつ焼き | 田端駅駒込駅西日暮里駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年05月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク