東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

門前仲町「ますらお」酎ハイ200円と魚料理で美味しい一杯!まるで小料理屋のような雰囲気の立ち飲み

※当記事は2015年8月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

小料理屋のような雰囲気の立ち飲み「ますらお」

今回立ち寄った「ますらお」は、オープンから1年足らずの新しい立ち飲み。魚料理が楽しめる小料理屋のような雰囲気のお店です。

023

お店は「魚三」さんの小道を入った裏路地にあり、少々わかりづらいかも。2Fにあります。

029

広々している店内はL字の大きなカウンターとテーブルがあり、中では調理担当の大将と浴衣姿の女将さんで切り盛りされています。

この日は、金曜ということもありとても賑わっています。客層は20代のOLさんから、50代のサラリーマンまで幅広く、一人客からグループとシーンも様々です。

カウンター上には、お惣菜をはじめとしてメロンや岩塩などが置かれていて…食欲を誘います。

さて、何にしようかな

032

お酒は最安値が酎ハイ200円。角ハイや焼酎割りも僅か250円ほどだ。冷酒450円を飲まれている方が結構多かったです。

049

おつまみは魚料理が中心で、焼き鳥やポテサラなども並ぶ。価格は200円~で、3~400円が多め。

早速はじめますか!

▼角ハイ@250円
033

シュワシュワで強炭酸!喉にくる刺激がイイ。ゴクゴク、あっという間になくなりそう。

▼鯵なめろう@450円
045

ぶつ切りの新鮮な鯵に爽やかなシソとネギ。そして濃い目の味噌。美味しい!美味しい!美味しい!このビジュアルの期待を裏切らない味に、食べた瞬間テンションが一気に上がった。

こちらのおつまみはどれも綺麗な盛り付けで、まるで小料理屋の料理のようです。

▼海老とオクラのわさびマヨ和え@400円
054

プリップリの海老とネバーっとしたオクラ。そして歯ごたえのよいシメジ。マイルドに刺激がある、わさびマヨとの相性バツグン!お箸が止まりません。角ハイがあっという間になくなった。

▼酎ハイ@200円
064

お次はこちらに切り替え。えっ!!!!!焼酎濃くない?これ200円でよいのデスカ????しかもシュワシュワであまり甘くないタイプ。いやー好みすぎる。有り難すぎる。

▼ウニ@550円
070

テンション上がりすぎにより、調子に乗って高額なこちらを注文。本当に綺麗な盛り付けで惚れ惚れする。ビジュアルだけで美味しい。

もちろん、ミョウバン的な苦味がある訳もなく美味しい。量は少ないけれど、550円で安いと思わせてくれる、このビジュアルがすごい。

お会計

◆角ハイ@250円
◆酎ハイ@200円
◆海老とオクラのわさびマヨ和え@400円
◆鯵のなめろう@450円
◆ウニ@550円
1人あたり1200円ほど/2名で来店=お酒2杯、つまみ3品シェア]

まとめ

いやー酎ハイは200円と安い上に焼酎が濃いし、おつまみは丁寧に盛り付けられとても美味しかったです。

この先さらに人気店になりそうな気がする!間違いなくまた伺います。

関連ランキング:居酒屋 | 門前仲町駅越中島駅木場駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2015年08月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク