東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

新橋「壹番館」霜降りスナップえんどう250円でお茶ハイ300円がすすむ!ホッと疲れがほぐれる立ち飲み

※当記事は2016年2月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最新投稿はこちら↓

新橋「壹番館」酎ハイ300円・手作りおつまみ250円!ホッと温まる新橋駅前ビルの立ち飲み

ホッと温かな立ち飲み「壹番館」

「壹番館」は親子で営まれている、スナックのような渋めの立ち飲み。お母さんとお姉さんの作りだす温かさが好きで新橋勤務時代によく訪れていたお店です。

何度もお伝えをしていますが、男性をお連れすると喜んでくれる確率が高いお店です。

過去記事①  |  過去記事②

IMG_3285

この日は久しぶりに新橋駅前ビル1号館へ。呑んべえにとってパラダイスともいえるこのビルは酒場の宝庫。このビルで、せんべろできそうな酒場はほとんど巡った自負があり、チャレンジしすぎて、ぼったくられたなんて経験も何度かある。そんな数ある酒場の中で「今日寄りたいな」と定期的に頭に浮かぶのはやっぱりこちら。

場所は新橋駅前ビル1号館の2階にある。駅からアクセスしやすく、雨の日でも問題なし。

店構えは少々ディープな雰囲気なので、初訪だと入りづらいかも知れないが、入ってしまえば、お母さんやお姉さんが温かく迎えてくれるので、必要なのは最初のちょっとした勇気だけ

IMG_3298

店内はカウンターのみで、10名ちょっと入れる広さ。この日も常連さんのサラリーマンやマダムたちで賑わっていた。

さて、何にしようかな

価格はわかりやすい税込み表記でキャッシュオン。

IMG_3295

お酒はほとんどが300円。アテはほぼ250円だが、嬉しい100円メニューも。

IMG_3300

カウンターやショーケースにアテが並んでいる。ここから選ぶのも愉しい。

やっぱりお酒がすすんでしまう!

▼グリーンティハイ@300円
IMG_3287

やっぱり定番のこちらから。基本は焼酎濃いめで、濃さを調整してくれるのが嬉しい。

▼サービスフルーツの梨
IMG_3291

今回のサービスフルーツはみずみずしい梨。このサービスはお母さんが2階まで上がってきてくれたお礼として、無料で出してくれているもの。過去にはメロン、柿、トマト、パイナップル、りんごの経験あり。果物って大人になって食べる機会が減っているから、嬉しく懐かしい気持ちになる。

▼スナップエンドウ@250円
IMG_3293

「霜降りなの」とお姉さんが出してくれたスナップえんどうは、霜降りというだけあって、とても甘いね。「醤油と鰹節かける?それともマヨネーズ?」と、おひたし系では味付けを選べるのも嬉しいところ。

▼肉豆腐@250円
IMG_3302

途中で、前職の仲間がかけつけてくれたので、今度は肉豆腐をもらった。よく味がしみて、甘くほっとする味わい。糸こんが入っているのが好き。

お会計

1人で1450円

※お酒4杯、アテ2品シェア

美味しいお酒と肴、会話もつまみとなり、飲みすぎちゃいました。温かな雰囲気にホッと疲れがほぐれましたとさ。

また近々伺います。ごちそうさまでした。

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 新橋駅汐留駅内幸町駅

※基本、投稿内容は初回投稿(2016年02月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク