東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

桜木町-野毛「はなみち」美味しいお刺身300円で昼飲み!古風で落ち着くぴおシティの立ち飲み

※当記事は2017年4月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

500軒以上とも言われる酒場が立ち並ぶ、吞んべえには堪らない街、桜木町=野毛。

IMG_2985

JR桜木町駅から目と鼻の先にある「野毛ちかみち」に直結している、複合施設「ぴおシティ」地下2階は、立ち飲みや居酒屋などの飲食店が並び、昼から呑めるお店も多々。野毛を訪れる際のスタートアップとして立ち寄らずにはいられません。

そんなぴおシティでこの日は一人飲み。さて、どこに立ち寄ろうかな…

常連さんが集うぴおシティの立ち飲み「はなみち」

再訪レポート:2016年12月2018年11月

今回立ち寄った「はなみち」は、ぴおシティの開業から創業だと言う老舗立ち飲み(元はキンパイという名前のお店だったそうです)。

古風で味わい深い雰囲気と、安くて美味しいお刺身などでちょっと一杯飲めるお店です。

もちろん、ぴおシティ内ということで昼飲みをすることもできます。

IMG_2989

場所はJR桜木町駅から徒歩2~3分程。野毛のちかみちから直結している、ぴおシティの地下2階にありアクセスしやすい。

渋い店構えだったりもするので、初訪で一人の場合にはやや入りづらさがあるかも。

IMG_3012

とはいえ店内はオープンなので、個人的には一人でふらりと立ち寄ることができます。

IMG_3004

味のある店内には、立ち飲み用の年季の入ったカウンターやビールケースのテーブルなどが置かれ、店先のテーブルを含めると30名程は利用できそうな広さ。

カウンターでは、おやじさんお二人で切り盛り。常連さんに「◯◯さん、いらっしゃい!」と、名前で呼びかけていたりもして、お客さんを大事にされていることが伝わってきます。

訪れた平日の昼間のお客さんは、一人で訪れている年配男性やサラリーマン、カップルなど。黙々と飲まれたり、店員さんと会話したりなんてシーンがほとんどで、まったりとした空間が広がって居ます。

おなじみの日本酒の自販機!

IMG_3011

注文カウンターの両サイドには、昔ながらの日本酒の酒販機。

こちらのお店で出会った男性から伺ったお話しによると、昔はこういったお酒の自販機を置いている立ち飲みがもっとあったそうで、一杯50円ほどだったそうです。そして、この酒販機を「チャリンコ」と呼んでいました。

さてさて、まずは注文カウンターで注文をするとしましょう。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みでキャッシュオン。まずはカウンターで注文をして、商品を受け取ります。

IMG_2999

お酒は、生ビール(サッポロ)400円、サッポロ黒ラベル大瓶500円、酎ハイ・サワー類350円など。

IMG_8005

日本酒の場合には、自販機でチャリンと購入。ひや酒、かん酒があり一杯200円。

IMG_3007
(クリックで拡大)

つまみは刺身類などが多く見られ、まぐろやタコぶつ、カンパチ、ホタテなど、新鮮な魚介の刺身類のほとんどが300円。

つまみは注文支払い後に出来上がると声をかけてくれます。

IMG_3002

おっ、ハムカツ(チーズ入り)300円を発見。気になる!

IMG_3006

もちろん定番の漬物200円やポテトサラダ250円なども。

早速はじめますか!

IMG_2998

まずは「生ビール400円」をもらいます。ふー、落ち着く。

IMG_2991

こちらはまぐろが美味しいので迷いつつも…

今回は「赤貝300円」にしてみよう。

赤貝を出してくださるのと同時に「この赤貝は大きめだよ!ラッキ〜!」と、大将。わっ、本当に大きい。これで300円って嬉しくなるね。

IMG_2992

大ぶりでピカピカと光る赤貝は、コリコリと歯切れのよい食感と甘味。これは美味しい。

新鮮な赤貝とまったりとした雰囲気に、冷たいビールがゴクゴクとすすんでいく。

ああ、昼間っからのこんな一杯は最高だね。

2杯目を呑むか迷いつつも、このまま心地よいこの空間に居着いてしまいそうなので、サクっと1杯で止めておこうかな。

お会計

700円(1人飲み)
※生ビール1杯、赤貝
※チャージ:なし
※価格表記:税込

まとめ

昼のまったりとした時間が流れる中、美味しい一杯が楽しめました。

やっぱりこちらのお刺身は美味しい。後、独特の雰囲気がどこか落ち着きますね。

おひとりさまや少数グループがフィットするお店だと思います。

昼からちょっと一杯、またまたふらりと立ち寄りたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

過去レポート:2016年12月

2016年12月に仲間と訪れた別日のひとコマも合わせてご紹介。

訪れたのは平日18時頃。ピークタイムとあってワイワイと外まで大盛況です。仲間と店先のテーブルでちょっと一杯立ち寄りました。

IMG_7997

この日は、酎ハイ350円を1杯ずつ、まぐろぶつ300円、生ほたてぶつ300円のラインナップで注文。

それにしても酎ハイの焼酎が多いこと!すぐにほろ酔いになれそうだ。

脂の乗った名物のまぐろ!

IMG_7994

おすすめの「まぐろ300円」は、脂が乗っていて美味しい!筋がないのも嬉しい。

IMG_7992

「生ホタテぶつ300円」はぷるっと甘い〜!こちらも美味しいな。

サクっと1杯ずつとお刺身2品を2名でシェアして、支払いは一人650円。はなみちさんでウォーミングアップをしたところで、次のお店へ向かったのでした。

再訪レポート:2018年11月

何度かお邪魔しているのですが、久しぶりに写真を撮ったのでアップします。

この日は久しぶりに会う仲間と、昼から野毛ではしご酒。仲間がはなみちさんに行ってみたいとのことだったので、1軒目で立ち寄りました。

店内は相変わらず、お昼からおやじさんたちで盛況です。

まずは「酎ハイ350円」から。シュワっと微炭酸で甘くないプレーンタイプ。焼酎は多めで、やっぱりこちらの酎ハイは濃い目だ。

まず、あては名物の「まぐろ300円」。美味しいね。

ちなみに筆者たちの注文分でまぐろは売り切れ!人気が伺えます。

2杯目は「バイスサワー350円」に切り替え。

注文すると「梅入れる?」と、大将が梅チューブから梅をブチュと絞ってくれた。このスタイルははじめて!

この梅をかき混ぜて呑むと酸っぱさがアップして、なんだかクセになる味。

もう1品頼んだあては「いか天300円」。揚げたてでサクっと、イカがやわらかくて美味しい。

そんな感じで、2杯ずつと2品を2名でシェアして、支払いは一人1000円。酔い具合でお店を後にしたのでした。

「はなみち」の基本情報

こちらもどうぞ。ぴおシティせんべろ投稿↓

桜木町駅前&昼飲みもできる!野毛「ぴおシティ」で気軽な立ち飲みはしご酒
数えきれない程の酒場が立ち並び、まさに吞んべえパラダイスとも言える桜木町(神奈川県横浜市)=野毛町。 桜木町駅前の「野毛ちかみち」に直結している、複合施設「ぴおシティ」の地下2階には、立ち飲みや...
桜木町-野毛「じぃえんとるまん」赤星大瓶や鉄板焼きメニューが嬉しい!ぴおシティで人気立ち飲み
最新投稿はこちら↓ https://1000bero.net/ma_pio/#2 500軒以上とも言われる酒場が立ち並び、吞んべえには堪らないパラダイスが広がっている、桜木町駅=野毛町。 ...
桜木町-野毛「ふくふく」レモンタワーのようなレモンサワーに驚き!ぴおシティの安ウマ立ち飲み
最新投稿はこちら↓ https://1000bero.net/ma_pio/#1 今回は野毛のぴおシティにある立ち飲み「ふくふく(神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1 ぴおシティ地下2階)」で、話題の...
桜木町-野毛「風来坊」大瓶400円・中華つまみ150円から!ぴおシティの気軽な中華立ち飲み
桜木町駅すぐそばの野毛のぴおシティにオープンしたばかりの中華立ち飲み「風来坊(神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1 ぴおシティ地下2階)」で、気軽な中華飲みを楽しんできましたので、その模様をせんべろレポー...
※基本、投稿内容は初回投稿(2017年04月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク