東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

山形「旅籠町立呑処」漬物食べ放題300円や酒販機の100円地酒に心躍る!老舗漬物屋の立ち飲み

※当記事は2017年5月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

東京から東北新幹線で2時間半程の山形駅。

山形県と言えば、訳あって天童市や東根市などに毎年のように訪れています。

IMG_5163

何度も訪れている山形ですが、未だに山形駅には行ったことがありません。

繁華街を探索して、芋煮や玉こんにゃくで気軽に一杯飲みたい!今回そんな思いを胸に、足を伸ばしてみることにしました。

山形駅付近には繁華街や小路などがあり、多くはありませんが立ち飲みなども存在しています。

駅周辺からは少し離れるのですが、今回ご紹介するのは長らく宿題店であったこちらのお店。

漬物屋の立ち飲み「旅籠町立呑処」

「旅籠町立呑処(はたごまちたちのみどころ)」は、明治18年創業の老舗漬物屋である「丸八やたら漬」の隣に併設された立ち飲み。立ち飲みは2012年にオープンされたそうです。

漬物食べ放題300円地酒の100円酒販機など、飲兵衛ゴコロがくすぐられる素敵なお店です。

IMG_5101

場所は山形駅から徒歩15分程。お酒を飲まない方がいらっしゃるのであれば、車がおすすめ。

IMG_5104

「旅籠町立呑処」の隣には、メインの「丸八やたら漬」店舗とお食事処。

このあたりでは一際明るく、店内の様子も伺えるので、比較的入りやすいです

IMG_5094

明るい店内は、昭和情緒を再現した温かみのある雰囲気。注文カウンターでは、店員の気さくなお姉さんがお一人で切り盛りされています。

女性店員さんがいらっしゃったり、キレイなので、女性ひとりでも立ち寄りやすそうな雰囲気

IMG_5051

立ち飲みと言えど椅子が置かれ、基本座って飲むことができます。カウンターとテーブルがあり、席数は30席ほどでしょうか。

伺ったタイミングが運よく空いていたので、静かで落ち着いた空間が広がっていました。

さて、何にしようかな

価格表記はわかりやすい税込みキャッシュオン。注文カウンターで注文支払いをするシステムです。

ちなみにお通しがあり1人あたり300円

さてどんなお通しかというと…こんなユニークで嬉しすぎるお通しなんです。

IMG_5078

店内には漬物BARなるものがあり、お通し300円で漬物が好きなだけ食べ放題なんです。

こっ、これは胸が高鳴る…

これだけの種類の漬物が300円で食べ放題、そしてこれらで一杯飲めるって…嬉しすぎやしませんか?漬物好きにはかなり魅力的です。

そして更に胸が高鳴るポイントがこちら…

IMG_5044

地酒の100円酒販機です。

秀鳳からくち、寿虎屋から口、男山からい酒、出羽桜 誠醸辛口と、4種の山形の地酒が用意されており、100円を入れてボタンを押すと出てきます。

量が少ないので色々楽しめるのが嬉しいです。

さて、魅惑的なポイントをお伝えしたところで通常メニューのご紹介。

IMG_5072
(クリックで拡大)

お酒は生ビール(キリン一番搾り)350円、ホッピー外200円・中200円、缶チューハイ・缶角ハイ300円、地酒一合300円~、ワンカップ300円、ワイン300円など。

ノンアル商品やソフトドリンクも並んでいるので、車で飲めないなんて方でも大丈夫そうな雰囲気。

IMG_5073
(クリックで拡大)

アテは山盛りキャベツ200円、牛すじ煮込み400円のほか、駄菓子100円~、缶詰200円~、大皿料理300円など。

IMG_5084

カウンター横の大皿料理は300円。美味しそう!

食べ放題の漬物と100円地酒で酔い気分

注文カウンターでお通し代をお支払い。さて、早速飲みはじめましょう。

お通し300円で食べ放題の漬物に心躍る

まずは漬物BARで食べ放題の漬物をもらいましょうか♪

IMG_5042

15種類ほどの漬物がズラリ。

やたら漬けは醤油・味噌・大辛と並んでおり、味噌が人気とのこと(確かピンクの下)。ちなみにこちらの漬物はお隣で購入できるそうです。

IMG_5038

どれも美味しそうだー!あれとこれとそれと…ワクワクワク。

酒販機で100円地酒を楽しむ

漬物を取った後は酒販機で地酒を購入。

IMG_5056

うつわを取って…

IMG_5058

酒販機にセットして、100円をチャリン!そしてボタンをポチっと。ふふふ、何だかとっても楽しい。

▼出羽桜@100円/お通しの漬物BAR@300円
IMG_5065

地酒は出羽桜誠醸辛口、漬物はこんなチョイス!

出羽桜は、ほんのりと甘みがあり飲みやすく、あまりアテを邪魔しないタイプ。

漬物はどれも美味しいけれど、高菜と昆布の出汁がきいてるピリ辛ものが一番印象に残った。

ああ、美味しい漬物で日本酒がすすんでいく。

IMG_5083

あっという間に出羽桜が空っぽという訳で、100円チャリンでポチっと。

▼秀鳳からくち@100円
IMG_5064

2杯目に選んだのは秀鳳からくち。後味がキリッと辛口、これ結構好きかも!

▼漬物おかわり
IMG_5086

漬物おかわりしちゃおう♪

▼漬物おかわりその2
IMG_5091

ああ、米も食べたくなってくる。

生ビール×角煮も最高!

▼生ビール@350円
IMG_5097

ちょっとシュワシュワも恋しいという訳で、お次は生ビール。

冷たくて泡はクリーミー。フレッシュで旨い!

▼角煮@300円
IMG_5088

大皿料理が美味しそうで思わず注文したのは角煮。注文すると温めてくれます。

IMG_5092

やわらかでほろほろ!しっかりと甘辛タレが染みていて美味しい。ビールもすすむね。

お会計

1150円(1人飲み)
※100円地酒2杯、生ビール1杯、お通し、角煮
※チャージ:お通し300円(漬物BAR)
※価格表記:税込

まとめ

そんなこんなで、わくわくと愉しい時間が過ごせて大満足です。落ち着いた空間でゆっくり居心地良く飲めました

漬物や地酒を、ちょっとずついろんな種類を楽しめるのが嬉しいですね。

シーンは一人でもグループでも、女性店員さんがいらっしゃったり、キレイなので女性一人でも立ち寄りやすいお店だと思います。

山形駅からは少々離れていてアクセスはしづらいですが…漬物や酒販機好きな方にぜひおすすめしたいです。

また立ち寄りたいです。ごちそうさまでした。

満足度★★★★★
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★★☆

タバコ:喫煙

旅籠町立呑処の基本情報

最寄り駅:山形駅(徒歩15分程度)
住所:山形県山形市旅篭町2-1-5
営業時間:17時~23時(LO.22時半)
定休日:日曜日

関連ランキング:居酒屋 | 山形駅北山形駅

IMG_5034
(営業時間)

IMG_5107
(店横には駐車場)

飲酒しない方いる場合には、ラクラク車でも。

IMG_5265
(天童駅でやたら漬を発見)

酒販機に胸が高鳴った方はこちらもどうぞ↓

福岡-天神「酒処ひろ」酒販機200円や手作りアテ150円に心躍る!まるで大人の駄菓子屋のような立ち飲み
九州最大の都市である福岡は、博多ラーメン・うどん、ごまサバ、明太子、天ぷら…など、美味しいものがつまった「食の都」。博多をはじめ、天神や中洲などの繁華街では、屋台や立ち飲みなど気軽な酒場も存在していま...

酒販機のせんべろ酒場一覧はこちら

山形駅付近にある酒場はこちら↓

山形「缶詰バー 立ち飲み時々中腰」山形名物玉こん100円や中とろ缶詰で一杯!駅近くの缶詰バー
東京から東北新幹線で2時間半程の山形駅。 山形県と言えば、訳あって天童市や東根市などに毎年のように訪れています。 何度も訪れている山形ですが、未だに山形駅には行ったことがありません...
山形「招き豚」手ごねメンチカツと強炭酸の角ハイで一杯!豚料理が楽しめる賑わう立ち飲み
東京から東北新幹線で2時間半程の山形駅。 山形県と言えば、訳あって天童市や東根市などに毎年のように訪れています。 何度も訪れている山形ですが、未だに山形駅には行ったことがありません...
※基本、投稿内容は初回投稿(2017年05月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク