東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

大宮「いづみや 第二支店」甘辛ホルモン炒め330円で一杯!老舗酒場の支店でメニューの違いを楽しむ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
今回は大宮駅東口から目と鼻の先にある「いづみや 第二支店(埼玉県さいたま市大宮区大門町1丁目28)」で、ホルモン炒めと赤星でちょっと一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

新幹線など多くの路線が通る、埼玉県の大宮駅。

東口を降りると酒場が多く並び、下町のような風情が感じられたりと興味深いエリア。もちろん中には、せんべろできるような価格帯のお店も。

そんな大宮へLIVE遠征でやってきました。公演後に喉を潤したいと、一人立ち寄ったのは「いづみや 第二支店」。ちなみに公演前には隣にある「本店」の方に訪れています。

メニューがちょっと違う老舗大衆酒場の支店「いづみや 第二支店」

関連投稿:「いづみや 本店」

「いづみや」は、昭和22年創業の老舗大衆酒場。メディアでも多数取り上げられている、大宮のランドマークとも言えるお店。

今回ご紹介するのは、「本店」からすぐ隣の「第二支店」。店員のお母さん曰く、それぞれ独立採算制で営業されているとのこと。本店とはメニューが少し違っていたりもします。朝9時半から営業されているので休日には、朝飲みや昼飲みなんてことも。

また、ご存知日暮里にも姉妹店があります。

IMG_6463

場所は大宮駅東口から目と鼻の先。

IMG_6472

本店」と同様に年季の入った味わい深い店内には、壁沿いのカウンター席と、カウンター使いもできる長テーブル席などがあり、奥のフロアもあるので40名ちょっとは利用できそうな広さ。カウンター席はこちらの方が席数が多い印象です。

フロアには本店と同じく白衣を着たベテラン店員のお母さんたち。人差し指を上に向けると、アイコンタクトからの指差しでカウンター席へご案内。

IMG_6470

この日の客層は2~70代の男女で、常連であろうご隠居さん、男性グループ、女性グループなどシーンや世代は幅広く、おひとりさまから2~3名で訪れている方がほとんど。夜に伺ったということもあり、ワイワイガヤガヤしてます。

途中男性グループが「すみませーーーん!すみませーーーん!」と大声で連呼。多忙なお母さんたちはスルー。タイミングを見計らわないとです。

IMG_6482

本店よりこっちの方が広いような印象。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み後払い。支払いは、自分の伝票を持ってレジで会計というスタイル。

また、座れるけれどお通しや席料はかかりません

IMG_6468

お酒は、焼酎・梅割・滝正宗の220円が最安値。生ビール中600円、大瓶ビール(サッポロラガー赤星)510円、サワー類350円~、水割りブラック370円、泡盛・にごり酒240円、上撰270円、生酒460円など。

お酒メニューはほぼ本店と一緒なのですが、本店で見かけなかった黒糖焼酎260円や大コップメニューを発見!大コップは梅割・焼酎350円など。

いやー、違い探しに夢中です。

IMG_6481

かち割りワイン350円や棒ほうじ茶割り300円、やかんマッコリ1100円、水割りブラック370円なども。

IMG_6487
(クリックで拡大)

おつまみは、生もの、酢の物、焼物、揚げ物など100円台から500円程度まで。名物のもつ煮込み170円もあります。

本店との違い探しスタート(実は本店にもあったらごめんなさい)。本店で見かけなかったメニュー↓

まぐろユッケ430円、まぐろ納豆480円、いか納豆450円、もずく酢280円、ぬか漬け300円、大根醤油煮250円、酒盗350円、焼き海苔150円、ひじき260円、梅大根250円、オニオンスライス280円、カツ煮400円、さば味噌煮360円、タン串350円、なんこつ焼き350円、アタリメ360円、ホルモン炒め330円、春巻360円、おでん450円…。

THE暇人(笑)。

IMG_6485

定食メニューも。

サッポロラガーとホルモン炒めで一息

▼サッポロラガー(赤星)大瓶@510円
IMG_6471

ああ、喉がカラッカラという訳で「サッポロラガー(赤星)大瓶510円」。席につくと、すぐに店員のお母さんが「飲み物は?」と来るので、何を飲むか予め決めておくことをおすすめしたい。

プハー!冷えてて美味い。

▼ホルモン炒め@330円
IMG_6474

アテは本店には無かった「ホルモン炒め330円」をください!アテはドリンクが来たタイミングで注文がおすすめ。

IMG_6477

ホルモン炒めは甘辛なしょうゆ味で後からピリっと黒胡椒。もつはやわらかかくて適度な弾力があり、噛み締めるとふんわりと臭み。

ホルモン炒めをビールで流し込む。ゴクゴクとすすんでいく!これはビールで正解。

お会計

810円(1人)
※大瓶1本、ホルモン炒め
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込

まとめ

大瓶を飲みきったところで、30分足らずでお会計。干渉されることもなく気ままに飲めましたし、本店との違い探しが楽しかったです。

初めての場合にはちょっとハードルが高めかもしれませんが…駅前ですし一人でも少数グループでも利用しやすいお店だと思います。

ちなみにこちらも予約できるみたいです。

個人的には、本店の方が雰囲気が好みだったかなぁ。

色々と一品料理をいただきたいので、次回は誰かと立ち寄りたいですね。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

「いづみや 第二支店」の基本情報

IMG_6466

いづみや本店と第二支店は隣同士。

いずみや本店の投稿はこちら↓

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク