東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

両国「東京商店」利き酒自販機200円~で気軽に一杯!東京の地酒が揃う駅直結の角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
両国駅直結の江戸NOREN内にある「東京商店(東京都墨田区横網1-3-20 両国 江戸NOREN 1F)」で、東京の地酒などで気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

相撲でおなじみの両国にやってきました!

IMG_8708

オープンからメディアで話題になっていた、江戸NOREN内の角打ち「東京商店」。

今回担当の方よりメニューを一新されたとのご連絡をいただき、ちょっと一杯立ち寄ってみることに。

東京の地酒が揃う駅直結の角打ち「東京商店」

「東京商店」は2016年11月にオープンの、両国駅から直結した「江戸NOREN」内にある、角打ちコーナーが併設された酒屋。

自慢の利き酒自販機には東京都10蔵30種の地酒200円~がずらりと並んでいたりと、さまざまな東京のお酒を楽しむことができます。

ちなみに、オープン1周年となる2017年11月よりメニューがブラッシュアップされ、より気軽に楽しめるようになりました。

IMG_8789

場所は、両国駅西口(右手側)から直結した「江戸NOREN」の1階。

IMG_8719

店先にはしっかりメニューがあったり、明るくオープンなので、入りやすい。

IMG_8728

店内は手前がお酒などの販売コーナーで奥が角打ちコーナー。入口には爽やかな店員のお兄さんたち。システムなど尋ねると、親切に教えてくれました。

角打ちコーナーには、酒樽を使用した立ち飲み用のテーブルが6つほど並び、20名ちょっと利用できそうな空間。

IMG_8771

壁には、東京都の地酒が揃う「利き酒自販機」が3台並び、左から純米酒、吟醸酒、大吟醸酒。店内の照明が少し落とされているので、光に照らされた瓶の色が映えて綺麗。

この日の客層は3~50代の男女で、カップルや女性グループなど。真新しくキレイですし気軽なので、女性も立ち寄りやすい雰囲気なのではないでしょうか。

IMG_8786

お酒販売コーナーには東京のお酒がずらり。

IMG_8776

お土産ものが並んでいたりも。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みキャッシュオン

IMG_8760

お酒は生ビールプレモル300円(2017年11月中は200円)、自販機の日本酒(50mL)200円~、小笠原レモンサワー350円、電気ブランハイボール350円、ホッピーセット350円(焼酎中おかわり200円)、梅酒350円など東京のお酒が並ぶ。

IMG_8739

地酒はおちょこを取ってセルフで自販機で購入。熱燗もできる模様。また、お水がちゃんと置いてあるのが嬉しい。

IMG_8733

純米酒(50mL)は最安値の200円。

あっ、澤乃井だ!月間販売ランキングや日本酒度などがあったりして、どれを飲もうか参考になる。

IMG_8762

こちらは吟醸酒(50mL)300円と大吟醸酒(50mL)400円。吟醸酒に赤羽の丸真正宗が並んでいたりも。

IMG_8724

東京の蔵元MAP。多摩川付近に集まってるね。

IMG_8729

生ビール(プレモル香るエール)300円(2017年11月中は200円)も自販機スタイル。

IMG_8780

販売コーナーの地ビールは持込料100円をプラスすれば、角打ちコーナーで飲むことができる。

IMG_8761

おつまみは200円~600円程度の価格帯で、日本酒に合いそうなものが並ぶ。

IMG_8775

本日のおつまみ3種盛り300円は日替りだそう。店員さん曰く「卵黄の醤油漬け」は、毎回入るかもと仰っていました。

IMG_8779

缶詰を発見!

IMG_8782

一捻りきいた乾きものも。

東京の地酒で気軽に美味しい一杯!

ここはやっぱり日本酒をいただかない訳にはいかないでしょう。

IMG_8732

ということで、最安値である純米酒自販機に200円を投入。

▼澤乃井 特別純米@200円
IMG_8734

ポチっとしたのは、「澤乃井 特別純米200円」

IMG_8740

キリっとしていてほんのりと甘み。飲みやすい~!

▼本日のおつまみ3種盛り@300円
IMG_8750

アテには「本日のおつまみ3種盛り300円」をレジで購入。この日は卵黄の醤油漬け、刻み壬生菜、味噌漬け寄せ豆腐のラインナップ。

一番気に入った卵黄は、ねっとりと濃厚で後から出汁醤油のような味わいで美味しい~!豆腐は味噌が濃厚で、壬生菜はシャキシャキで出汁のしっかり味。これはお酒がすすむすすむ。

▼嘉泉 特別純米@200円
IMG_8753

2杯目は、販売ランキング1位&まぼろしの酒というキャッチに惹かれた「嘉泉 特別純米200円」をポチっと。

IMG_8756

辛口ですっきりしてる!これ結構好きかも。

IMG_8757

「あれはどこにある蔵だろう?」なんて自販機に並ぶ地酒を眺めながらの一杯。なんだか楽しいね。

▼生ビール(香るエール)@200円
IMG_8764

3杯目は、2017年11月末までキャンペーン期間中の「生ビール200円(プレモル香るエール)」もいただきますか!

こちらも自販機スタイルで、訪れたこの日から設置されたのだとか。

レジで冷えたグラスをもらって、200円をチャリンと投入してポチっと。

IMG_8767

冷え冷え、泡がクリーミー&フレッシュで美味しい!もしかして生ビール1番乗りだったのかも。

お会計

900円(1人)
※地酒2杯、生ビール、三種盛り
※チャージ:なし
※価格表記:税込
せんべろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

訪れる前は、割高なんてイメージがあったのですが、東京の地酒を1杯200円程度で気軽に楽しめました!

東京の地酒が、自販機であれもこれもと飲み比べ出来るのは素敵ですね。

駅直結ですし、キレイなので立ち寄りやすいお店だと思います。女性にもおすすめしたいです。

また、平日は11時・土日祝は10時から営業されているので、昼飲みできるのも嬉しいポイントですね。

今度は誰かを誘って行こうかな。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★★☆
タバコ:禁煙

「東京商店」の基本情報

関連サイト:東京商店公式

IMG_8723

「東京商店」付近の様子

IMG_8710

江戸NORENの入口。

IMG_8716

館内には実寸代の土俵があり、迫力があります。

IMG_8790

和食を中心とした飲食店が並んでいます。

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク