東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

高知「竹内酒店」郷土料理で美味しい一杯!昼飲みもできるアットホームな角打ち居酒屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
高知市内にある老舗酒屋「竹内酒店(高知県高知市南はりまや町2-13-1)」に併設された角打ち居酒屋で、地酒やビール、郷土料理などでホッと温まる一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

酒好きが多いとして知られる高知。酒を酌み交わす宴会「おきゃく文化」が根付いていたりと、お酒に寛大な街です。

今回は四国へLIVE遠征ということで、そんな高知に立ち寄らずにはいられません。今回ご紹介するのは、憧れていた老舗酒屋に併設された居酒屋です。

老舗酒屋併設の角打ち居酒屋「竹内酒店」

「竹内酒店」は、この地で長年営まれている老舗酒屋。居酒屋が併設されていて、朝からちょっと一杯飲むことができるお店です。

IMG_8354

場所は、デンテツターミナルビル前駅や、はりまや橋駅から徒歩5分程度でしょうか。

向う途中には酒屋がちらほら。この辺り、昔は何軒か角打ちをやられている酒屋もあったそうですが、時代が変わり現在はこちらともう1軒のみだけになってしまったのだとか。

IMG_8358

引き戸を開けると…あれっ、誰もいない。

「すみませーん」と声を掛けると、「お待たせしちゃってすみませんねぇ、好きな席どうぞ」と、奥からお母さんが出てきてくれました。

IMG_8359

店内には、大きなテーブルが2つあり、周りにはビールケースの椅子が置かれ、20名足らず利用できる空間。奥はご自宅、隣は酒屋という造りです。

ご夫婦で切り盛りされていて、お二人ともお話上手だから会話が弾む。高知のお酒文化やこの辺りの歴史について、色々と教えてくださいました。

IMG_8098

そんな会話の中で、高知の至るところで見かけた、キリンビールの「たっすいがは、いかん!」は、軟弱じゃいかんという意味と伺いました。昔キリンラガーの味を変えたそうで、そこからこんな言葉が出てきたのだとか。

ちなみに、高知ではキリンビールを店に置いていないと、別の店に行くというお客さんがいるほどキリンビールが根付いているそうです。

時間が経つにつれ、ご年配のおなじみさんたちが来店。皆さん陽気に声を掛けてくださったりと、温かく愉しい時間。

さて、何にしようかな

メニューに価格表記などはなく、尋ねるのも何だか野暮と言うことで詳細な金額はわかりません。会計の金額を見ていただけたらと思います。

IMG_8364

お酒は、瓶ビール(各種)、生ビール(キリン一番搾り)、地酒(土佐鶴をはじめ3種類ほど)、ゆずサワー、缶チューハイなどがあるとのこと。

おつまみは、上記のメニュー。四方竹、黒豆の枝豆、たいも、しんまい…ちょいちょい見慣れぬメニューに興味深々。

美味しいおつまみと楽しい会話でお酒がすすむすすむ

▼キリンラガー大瓶
IMG_8362

せっかくなのでまずは高知でおなじみの「キリンラガー大瓶」をもらいます。冷え冷えグラスで喉ごしがよく旨い。

▼たいも(里芋のにっころがし)
IMG_8367

アテには見慣れぬ「たいも」をもらいます。いわゆる里芋のにっころがしだそう。

ねっとりと粘りが強く、甘めの味付けでホッとする味わい。キリっとしたラガーともバッチリ合う!

▼四方竹(煮物)
IMG_8368

アテの2品目も見慣れぬ「四方竹」を注文。秋に採れる高知でおなじみのタケノコで、切り口が四角ということからこの名前で呼ばれているそうです。

シャキっとしていて、ほんのりと苦味。一緒に煮込まれた鶏肉と一緒に食べると更に美味しい。

▼土佐鶴
IMG_8371

ビール大瓶を2本飲みきったところで、お次は並々と注がれた「土佐鶴」に切り替え。クセがあまりなく、スイスイと飲みやすい~!

▼しんまい(刺身)
IMG_8380

アテの3品目は、これから捌くという「しんまい」をもらいます。しんまいは、本まぐろの幼魚(新子)なのだとか!

たまり醤油につけて早速一口。最初青魚のようで…後味はまぐろな不思議な味わい。でも、これがとっても美味しい!添えられている「ぶしゅかん」を搾ると爽やかになり◎。

しんまいを食べて土佐鶴をすする。ああ、幸せだ~~~!これはまたいただきたいなぁ。

▼黒豆枝豆
IMG_8386

アテ4品目は、常連さんが注文していた「黒豆枝豆」。ちゃんと端が丁寧にカットされているのが嬉しい。

IMG_8390

本当に黒い。大粒ほくほくで美味しい~!これはビールが飲みたくなるということで…

▼キリン一番搾り中瓶(高知Ver)
IMG_8384

土佐鶴から再び瓶ビールに戻る。「これ飲んでみる?」とお父さんが出してくださったのは「キリン一番搾り中瓶(高知Ver)」

ああ、やっぱり枝豆にはビールだよね。旨い!

IMG_8374

途中、お母さんが見せてくださった「べく杯=お酒を飲みきるまで下に置けないおちょこ」。穴が空いているものと、ベーゴマの様に先が尖ったもの。

IMG_8375

これを渡されたらと思うと、ヒヤヒヤしますね(笑)。

IMG_8385

また、日曜市についても色々と教えていただきました。生憎の雨であまり楽しめず残念。

お会計

1800円(1人あたり)
※2名で下記をシェア↓
ビール大瓶2本+ビール中瓶1本+土佐鶴一合2杯+つまみ4品
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:おそらく税込

まとめ

高知ならではのお料理がいただけたり、色んなお話を聞けたりして、美味しく楽しい時間でした。

朝9時から営業されているので、朝飲み、昼飲みもできますね。中には朝から夜まで飲んでいるお客さんもいるのだとか(驚)。

また、女性一人という方も普通にいらっしゃるそうです。高知では女性の一人飲みに寛大なのだとか(羨ましすぎます)。

ちなみに女性はご自宅のお手洗いをお借りするスタイルです。

高知を訪れたらまたお邪魔したいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★★
おひとり様女性の入りやすさ★★☆☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:一部喫煙できるようです

「竹内酒店」の基本情報

住所:高知県高知市南はりまや町2-13-1
営業時間:9時~22時
定休日:日曜日
関連サイト:食べログ

IMG_8392
(定休日は日曜日)

「竹内酒店」付近でおすすめの酒場↓

竹内酒店後に立ち寄り(〆ラー)

帰りはこちらでおすすめいただいた、鍋焼きラーメンの「谷口食堂」に立ち寄りました。

IMG_8420

鍋焼きラーメン750円は、細麺で、醤油強めの鶏ガラスープには親鶏と玉子、ちくわ、ニラ入り。

IMG_8432

美味しかった!中華そば好きな方におすすめしたいです。

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク