東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

高知「ひろめ市場」朝飲み・昼飲みもできる!酒飲みに嬉しい人気の観光名所

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
高知の観光名所「ひろめ市場(高知県高知市帯屋町2丁目3-1)」で、美味しい昼飲みを楽しんできましたのでその模様をせんべろレポートします。

酒好きが多いとして知られる高知。酒を酌み交わす宴会「おきゃく文化」が根付いていたりと、お酒に寛大な街です。

今回は四国へLIVE遠征ということで、そんな高知に立ち寄らずにはいられません。今回ご紹介するのは、高知の酒飲みパラダイス…もとい観光名所でもある「ひろめ市場」です。

訪問:2017年11月

酒飲みに嬉しい観光名所「ひろめ市場」

「ひろめ市場」は、高知の食が揃う、60店舗以上の飲食店が集まる屋台村のような商業施設。お店によっては朝飲み・昼飲みもできてしまう、言わずと知れた酒飲みに嬉しい観光名所です。

ちなみに、観光客だけではなく、もちろん地元の方も利用されているのだとか(6名ほどの地元の方に訪ねたところ、半数の方が利用しているとの回答でした)。

IMG_7946

場所は大橋通駅から徒歩2~3分、はりまや橋駅から徒歩10分程などなど。

IMG_7950

入口では、高知と言えばの坂本竜馬がお出迎え。

IMG_7951

さすが高知、「たっすいがは、いかん」のキリンビール広告がすぐに目に入ってきますね。

ひろめ市場の様子

早速、ひろめ市場を歩いてみましょうかね。

ひろめ市場の飲食店

ひろめ市場には、なんと60以上もの飲食店が集まっているそう。

お城下広場、龍馬通りなどいくつかのテーマゾーンにわかれ、飲食店がずらり。そして、至るところに飲食用のテーブルや椅子が置かれていたりして、まるで迷路のようです。

IMG_7954

入ってすぐ目に入るのは、魚屋さんやお土産屋さん。呼び込みをしていたりと活気があります。

IMG_7956

こちらの魚屋さんには、お寿司やおつまみになりそうな海鮮類がずらり。

IMG_7957

タイムサービス品もあったりする。

IMG_7959

こちらのお肉屋さんでは、ビフテキを焼いてくれたりも。

IMG_7960

揚げ物も100円程度から売られていたり。

IMG_7975

こちらは、お惣菜や珍味などが売られているお店。人気店なのか結構混雑してました。

IMG_7967

こちらはバルなどが並ぶオシャレゾーン。立ち飲み用のテーブルが置かれていたり。

IMG_7965

こちらは店内で飲めるタイプの店舗。

IMG_7970

店内で飲めるタイプの店舗は、大体が他店からの食事の持ち込みをOKとしているところが多い。但し、店内で飲み物の注文が必須となります。

IMG_7966

ああ、お美しさに思わず足が止まる。

IMG_7978

おなじみの鰹たたきのお店では、ファイヤーでLIVE感を演出。

ひろめ市場の飲食エリア

お次は飲食エリアを見ていきましょう。

IMG_7955

前述したように、ひろめ市場では至るところにテーブルと椅子が置かれていて、空いている好きな場所で購入したものが飲食できます。いわゆるフードコートのような感じ。

IMG_8016

お城下広場が一番飲食スペースが広い感じだなぁ。

IMG_8018

老若男女問わずおひとりさまの男女から2~4名のグループ客で賑わっていて、皆さん楽しく吞んだくれてます。

ちなみに地元の方曰く、知らない人同士で和気あいあいと仲良くなるなんてこともあるそうです。ゆえに、ナンパも普通にあるみたいなので、女性一人は気をつけてなんてお声をいただいたりも。

IMG_7972

至るところで飲食できるので、興味のある店前の飲食スペースを確保するのが一番良いかもです。

ひろめ市場の価格帯

ざっと雰囲気をお伝えしたところで、気になる飲食店の価格帯をまとめてみます(笑)。

市場内で協定を結んでいるのか、どこのお店もビールの価格帯はほぼ同一といった印象。生ビール中500円、酎ハイ・サワー類・ハイボール・焼酎などは400円前後、地酒は300円台~といった価格帯がほとんど。地酒などはお店によって価格変動するようなので要注意。

つまみ&食事類はお店によってまちまちの価格で、揚げ物など100円程度から鰹タタキ2000円程度くらいまで。

そうなんです。筆者の考えるせんべろは少々難しい感じです。高価な高知名物の鰹タタキも食べたくなりますし…。でも、美味しかったですし、楽しかったのでこのまま続けます。

IMG_7969

生ビールは基本「中ジョッキ500円」。高知で絶大な存在感を見せるキリンをはじめ、アサヒ、サッポロ、サントリーなど各社揃います。

IMG_7976

地酒や焼酎などは300円台からの価格帯。地酒が一番安く楽しめそうですね!

早速はじめますか!

飲食店が多いので、目移りしてしまって…どこで購入するか本当に迷いました(思考停止しかけた)。ここからは購入したお店&拙い食レポのご紹介。

自由広場「やいろ亭」

今回、一番印象に残ったのが「やいろ亭」。実は、フォロワーさんに「やいろ亭の塩タタキが美味しいよ」と教えていただいたんです。

IMG_8014

お店は自由広場にあります。

IMG_8012

人気NO1は塩で食べるタタキ!

▼塩タタキ@1人前1250円
IMG_8034

奮発して注文したのはもちろん「塩タタキ1人前1250円(5切れ)」。注文してから炙ってくれるそうで、10分後に受け取りにいきました。

思ったより大きめで、見てくださいよこのツヤ。ビジュアルからしてもうよだれが…。

IMG_8031

早速、にんにく&わさびを添えてパクっと一口。うっ、美味すぎだろーーーーーー!

丁度良い弾力で、めちゃくちゃ香ばしく、鰹の旨みが口いっぱいに広がる(もちろん血合い臭さとは無縁)。そして、塩加減がよくわさびのピリっと感がすごく酔いアクセント。すだちを搾っても爽やかになり◎。

なんだこれは…こんなに美味いタタキを食べたのは初めて。1人前を2名でシェアしたんですが、これは完全に独り占めしたい勢い(笑)。

5切れで1250円と少々お高めではありますが、これ、しっかり天然ものなんじゃないだろうか。

▼ざまに@500円
IMG_8033

塩タタキの相棒には「珍味堂」で購入した、高知の芋焼酎「ざまに500円」をロックで。キリっキリっとしてます。

そういえば、某酒場で地元の方とひろめ市場の話になったんです。その際に「どこのタタキ食べたの?」なんて流れになり…こちらのお店の名前を出したところ、「あそこは間違いないよ!」なんて仰ってたんです。

地元の方にも認められるのも納得。だって、こんなに美味しいタタキは初めて食べたのですから。教えてくださったフォロワーさんに感謝です。

この鰹タタキをいただきに、またひろめ市場に行きたいなぁなんて。ちょっと値は張りますが、ぜひともおすすめしたいです。

満足度★★★★☆

やいろ亭の詳細:公式食べログ

乙女小路「ちびから本舗」

乙女小路にある「ちびから本舗」は、高知では有名な唐揚げ専門店だそうです。ということで、唐揚げを購入しました。

IMG_7989

たくさんの唐揚げがずらり。唐揚げには、高知県産四万十鶏を使用しているそうです。

▼塩からあげS@350円
IMG_7999

「塩からあげS350円」をもらいます。購入後に揚げなおしてくれました。

熱々ですごくジューシー!鶏肉がやわらかくて美味しいですね。

満足度★★★☆☆

ちびから本舗の詳細:公式食べログ

お城下広場「明神丸」

お城下広場の人気店である「明神丸」でも鰹タタキをいただきました。

IMG_7978

ファイヤーーーー!

▼藁焼きたたきセット@1100円
IMG_8008

藁焼き小と生ビールがセットになった「藁焼きたたきセット1100円」をもらいました。

香ばしさが強く、美味しい!そして、キリンの生ビールをぐびぐびとね。

生ビールとのセットもありますし、こちらは気軽さが嬉しいですね。

満足度★★★☆☆

明神丸の詳細:公式食べログ

IMG_8005

飲食後は店員さんが片付けてくれます。

お会計

1925円(1人あたり)
※お酒2杯ずつ、鰹タタキ×2・唐揚げを2名でシェア
※チャージ:座りでお通し・席料無し
※価格表記:税込
1500べろ可能(酒2杯・アテ1品以上換算)

まとめ

たくさんの飲食店が並んでいて、目移りしました。活気がありワイワイと賑わっていてとても楽しい雰囲気ですね。

また高知に行ったら、立ち寄りたいです!ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

「ひろめ市場」の基本情報

住所:高知県高知市帯屋町2丁目3-1

IMG_8035

<営業時間>
平日・土・祝:朝8時会場~23時閉場(オーダーストップ22時半)
日曜:朝7時会場~23時閉場(オーダーストップ22時半)
※営業時間はお店によって異なるようなので注意

関連サイト:ひろめ市場オフィシャル

ひろめ市場付近で昼飲みできるおすすめ酒場↓

高知「竹内酒店」郷土料理で美味しい一杯!昼飲みもできるアットホームな角打ち居酒屋
※投稿内容は初回投稿(2018年01月04日)に知った情報や投稿者の主観です。感じ方は人それぞれですし、メニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますのでご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはトコトン探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。酒場で過ごす時間が大好きです。巡ったせんべろ酒場は数知れず…。休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク