東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

せんべろの定義について

スポンサーリンク

当サイトのせんべろの定義

せんべろ

当サイトは、一軒あたり1000円程度で楽しめるお店を紹介しています。

一軒1000円程度で、安く美味しく愉しく飲んで酔い気分…そんな日常での気軽な一息が大好きです。それを一番わかりやすく伝えられるのは何だろう?と考えた時に、しっくりきたのが「せんべろ=1000円でべろべろに酔える」という言葉でした。

そもそも「せんべろ」とは、1000円でべろべろに酔えるという酒場などの俗称で、「せんべろ探偵が行く (集英社文庫)」がルーツと言われています。著書を読むと、1980年代頃に中島らもさんの身内言葉から全国区に広まったとの記載もあります。

この「せんべろ」という俗称のイメージや定義は、人によってさまざまだと思います。

お酒1杯・おつまみ1品で会計が1000円以内であれば、「せんべろ」と考える人もいるかも知れませんし、本当にべろべろになれるのはお酒5杯以上だから、それを1000円以内で収めることができないのであれば「せんべろ」ではないと考える人もいるかも知れません。

イメージやお酒の量は人それぞれだと思いますし、どれが正解というのは無いと捉えています。

アンケートなどを踏まえて、当サイトでは一軒あたり下記の様に定義し、予算の目安として表示しています。

せんべろの定義:
酒2杯、つまみ1品=1000円以内
1500べろの定義:
酒2杯、つまみ1品=1001円以上~1500円以内

※お通し・席料、消費税などすべて含む。

もちろん、筆者はその量で本当にべろべろになることはありません(物凄く強いお酒の場合を除く)。基本的には自身が一軒でほろ酔いになれる程度の量を定義としています。

せんべろのイメージについて調査

せんべろに興味を持っている皆さんが、せんべろにどういったイメージを持っているのか気になったので、twitter上でアンケートをとってみました。

1000円以内で2杯という回答が一番多く、57%という結果でした。

お酒の一杯の価格については、300円までという回答が一番多く、49%という結果でした。

支障を来さない程度の飲酒量で、マナーに気をつけて「せんべろ」を愉しみたいですね(←自身に強く言い聞かせています)。

こちらも合わせてどうぞ↓

せんべろnetとは?
当サイトのせんべろ定義 せんべろnetでは、立ち...
せんべろの意味・考察
せんべろとは? せんべろnetでは、立ち...
最終更新
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加