東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

【閉店】自由が丘「浅草メンチ」肉汁が甘いメンチカツで一杯!昼飲みもできる気軽なメンチカツ専門店

※当記事は2016年5月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

※こちらのお店は現在閉店しています。

メンチカツ専門店「浅草メンチ 自由が丘店」

2016年4月29日にオープンの「浅草メンチ 自由が丘店」は、浅草名物であるメンチカツの専門店。

店内にイートインコーナーが併設されており、浅草メンチで気軽に一杯できるお店です。昼から営業なのでバッチリ昼飲みもできます。

IMG_1508

場所は、自由が丘北口から徒歩1~2分程とアクセスしやすいです。

真新しくチェーン店の様な店構えだったり、にこやかな店員さんたちが迎えてくれるので、一人でも問題なく入りやすいです。

IMG_1513

店内にイートインコーナーが併設されているので、気軽にちょっと一杯飲めるのは嬉しいですね。

IMG_1522

店内は真新しくファーストフードの様な雰囲気。基本立ち飲みスタイルで、立ち飲み用のテーブル6つとカウンターがあり、10名ちょっと入れる広さでしょうか。

雨だったこともあり、先客はおらず貸し切り状態。ちなみに店員さん曰く、普段は飲んでる方もよく見受けられるそうで、営業時間内ならいつでもお酒を飲むことが可能とのことです。これは、休日にちょっと昼飲みなんてこともできてしまいますね。

IMG_1579

天気の良い日は、外で愉しむのもいいかも!

IMG_1524

コンセントは利用できるのかな(店員さんに要確認)。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込みで、支払いはキャッシュオン

IMG_1514

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベルで500円。その他、デュワーズハイボール、バカルディラムハイ、レモンサワー、黒ウーロンハイ、コーン茶ハイなどは400円。

アテは浅草メンチ200円、あのキャベツ200円、高座豚ジャーキー&ナッツ400円など。

メンチとラムハイで気軽な一人飲み

▼浅草メンチ@200円/ラムハイ@400円
IMG_1545

熱々の「浅草メンチ200円」は思ったより小さめで、ちょっとしたおやつにピッタリなサイズ。「ラムハイ400円」はサッパリスッキリだから、揚げ物と合う。

浅草メンチは何もつけずにパクっと!

IMG_1583

「浅草メンチ200円」は、生パン粉を使用したサクサクッとした衣、そしてお肉は高座豚と牛肉がブレンドされており、噛むたびにしたたる肉汁が甘~~い。これは美味しい!そして、スッキリとしたラムハイとも好相性。これは堪らん。

お年頃なので、もたれるかなと思っていたけれど…まったくそんなことはなくペロリといけてしまった

IMG_1573

カラシをつけると、味がグンとしまってさらに美味しい!

お会計

600円(1人飲み)
※お酒1杯、メンチ
※メニュー表記:税込み

まとめ

気軽にふらっと美味しいメンチで一杯できて大満足です!店員さんの感じもよく、気持ちよく飲めました。

せんべろが困難なオシャレタウン自由が丘に、気軽に利用できるせんべろスポットができて嬉しいです。

駅近ですし、一人でも誰かとでも使い勝手の良いお店ですね。

揚げ物が食べたくなったらまた立ち寄ります。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

「浅草メンチ 自由が丘店」の基本情報

浅草メンチの公式サイト

「浅草メンチ 自由が丘店」付近でおすすめの酒場↓

自由が丘「波の」最大ドリンク4杯&つまみ3品のせんべろセットが最強!気軽すぎる海鮮丼専門店
高級住宅街とも呼ばれる東横線の「自由が丘駅」。街を歩けば、オシャレなカフェや雑貨屋などが立ち並び、着飾った女性たちで溢れています。 そんなせんべろとは無縁であろう自由が丘で、良心的な酒場は存在す...
自由が丘「かとりや」やきとん1本100円とホットウーロンハイで温まる!人気のやきとり酒場
自由が丘の人気酒場「かとりや」 この日は軽く一杯飲みたいなぁと、珍しくひとり自由が丘をふらふらと。 そういえば、先日溝の口で訪れた「かとりや」の支店があったなと、伺うことにした。 実は筆者の中で自...
自由が丘「ほさかや」夜はうな串でちょっと一杯!駅近くの老舗うなぎ酒場
老舗うなぎ酒場「ほさかや」 「ほさかや」は、創業から60年以上の味わい深い雰囲気の老舗うなぎ酒場。 昼はうな重やうな丼などのランチが楽しめ、夜は酒場としての顔に変わり、うな串や蒲焼などで一杯飲...
※基本、投稿内容は初回投稿(2016年05月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
ジャンル:
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク