東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

高田馬場「ビール工房」お得な自家製ビールボトルとビールティラミス!ゆったりできる麦酒工房

※当記事は2016年10月に書いた記事です。メニューや価格帯、システムなど現在は異なる可能性もありますのでご注意ください。訪れる際は食べログ検索などもあわせておすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

自家製ビールが楽しめる「ビール工房」

過去投稿:2016年3月

「高田馬場 ビール工房」は、店内で醸造された自家製クラフトビールが種類豊富に愉しめる、2016年2月オープンの麦酒工房。荻窪、中野、阿佐ヶ谷など中央線沿線に展開している麦酒工房の姉妹店でもある。

img_3888

場所は高田馬場駅の戸山口から徒歩5分足らずとなり、早稲田大学付近にある。カフェの様な雰囲気なので、女性一人でも入りやすいのが魅力の一つ。

img_3883

広々とした店内はカウンター、テーブル、座敷、ロフトなどがあり、基本開いている好きな席に座ることができる

img_3877

こちらを訪れると、やっぱり選んでしまうのはソファー席。ゆったりとくつろぎながら飲むことができる。

ちなみにフリーWiFiもあるので、動画を見ながら一杯なんてことも可能。

IMG_5619

こちらのビールは店内で醸造している自家製なので、大きなビールタンクが並んでいる。初訪時には、このビールタンクに目を奪われた。

さて、何にしようかな

メニューの価格表記はわかりやすい税込み。座れるけれど、お通しや席料はかからない

システムはこんな感じ

①入口でメニューをもらう
②好きな席を選ぶ
③席にある番号札を持ちカウンターで注文
④会計は最後にまとめて支払い

img_3856

自家製ビールやオススメメニューなどは、カウンター付近にメニューが並んでいるのでチェックしよう。

_img_3856

自家製ビールの定番はIPAやペールエールなど、グラス400円~(300mL)、ボトル600円~(500mL)、タル1800円~(1800mL)の価格帯で並ぶ。クラフトビールなのに気軽な価格帯なのが嬉しい。

自家製ビールを使ったティラミス500円や、がめ煮650円など変り種メニューがあったりするのが面白い。

img_3855

石狩ホワイト、ホットエール、すだちビールなどの自家製ビールが提供されていたりも。

img_3861

ビールに合うアテは、4~500円台の価格帯で多く並ぶ。マヨガーリックトースト150円が気になる!

ビールティラミスと自家製ビール!

▼ブラウン4(ボトル)@600円
img_3862

ブラウン4はアルコール4%台の限定ビール。やや苦味があり濃い味ながらも、後味がサッパリとしているから、ゴクゴクいけてしまう。

シェアして違う味を楽しむのも◎

img_3865

仲間と異なるビールボトルをそれぞれ注文して、一杯ずつシェアしあっても◎。

img_3857

味を変える際には、セルフのグラス洗浄機を使おう!

初体験のビール×スイーツ!

▼自家製ビールを使ったティラミス@500円
img_3872

アテには、この日のオススメメニューにあった、自家製ビールで作られたティラミス。ブランデーの代わりに自家製ビールを使っているんだとか。

img_3873

ウイスキーやワイン×スイーツって組み合わせはたまにいただくけれど、ビール×スイーツって組み合わせは初めて。

チーズがややかためで、こってりと甘めのティラミス。こちらに、やや苦味があり後味がサッパリとしたブラウン4が良く合うこと!ん~至福。

この組み合わせはいいなぁ。もっといろんなスイーツでビールをいただいてみたくなった。

お会計

850円(1人あたり)
※ボトル1本(ビール2杯分/1人あたり)、アテ1品シェア
※座りでお通し・席料無し
※メニュー表記:税込

まとめ

滞在時間30分ほど、しばしソファー席でくつろぎながらの一杯が愉しめて大満足です。ボトルサイズは、2杯分ほどいただけるのでお得感があり嬉しいです!

また、お通しや席料もかからなかったり、自身で好きな席が選べたり、注文はセルフスタイルだったり、フリーWiFiがあったり…と、カフェの様な気軽さがとてもいいですね。

広々しているので、1人でもグループでも使い勝手のよいお店ですし、女性1人でも入りやすいと思います。

実はこの日、3軒目に伺いました。後もう一杯軽く飲みたいなんて時にも重宝するお店です。

今度は変り種ビールをいただきたいです。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさと居心地★★★★☆

過去投稿もどうぞ↓

関連ランキング:ビアバー | 高田馬場

※基本、投稿内容は初回投稿(2016年10月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク