東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

有楽町「食安商店」憩いの自販機コーナーで角打ち

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
有楽町駅のガード下にある自販機コーナー「食安商店(東京都千代田区有楽町2-4-3)」でちょっと一杯、気楽な角打ちを楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

オフィスやファッションビル、国際フォーラムなどがあり、多くの人が集まる有楽町駅周辺。付近には銀座、日比谷など地下鉄も通っていたりして利便性の高い。

そんな有楽町駅付近でこの日はひとりはしご酒。今何軒目だろう?なんて思いながらも、なんだか飲み足りないんだよなぁ…なんて立ち寄ったのは、有楽町ではおなじみのこちらの自販機コーナー。

角打ちできる憩いの自販機コーナー「食安商店」

有楽町駅のガード下に佇む「食安商店」は、昔ながらの自販機コーナー。

アルコール類などの自販機が並び、曜日や時間によってはスナックなどの乾物の販売をされていたりと、店先で角打ちできるお店です。


(この界隈に縁のある方なら一度は目にしたことがあるのではないだろうか)

場所は有楽町駅のガード下にあり、有楽町電気ビルの向かいにあります。

店先は相変わらず、自販機でお酒を購入して飲む人、煙草で一服する人たちで賑わう。タイミングにもよるとは思うけど、賑わっているのにすごく静か。一人でぼーっと一息ついている人が多いからだろう。

自販機にはお酒がずらり。

何を飲もうかな。


(アサヒ辛口焼酎ハイボール)

アルコール9%でおなじみの「アサヒ辛口焼酎ハイボール」にしよう。これ、シュワシュワだし、濃い目だしってことで結構好きなんだよね。ただ、ちょっと前まではコンビニで見かけてたけど、最近めっきり見なくてご無沙汰だったんだ。

テーブルの脇で考えごとをしながら缶チューハイをゴクゴク。

すると、サラリーマンのお兄さんが爽やかに声をかけてくれた。テーブルにコンビニで購入したという乾き物を広げて「どうぞ」とニッコリ。訪れたこの日は火曜で売店が休み。売店が休みの日はつまみを購入してから訪れるのだそう(うろ覚えだけれど、月金…の夕方から売店が開いていると聞いた気がする)。

次第に一人、二人、三人と増えて行き…気づいたら立ち飲みテーブルを囲んで会話がはじまっていた。皆さん近隣にお勤めで、顔見知り同士の常連さん。年齢は4~60代の男性。他の酒場もいいけれど、ここで集まるのが愉しいのだという。

お互いの住まいの話になると、酒場の話になることも多く、行ったことのある街だったり、それが好きな街だと嬉しくなって饒舌になってしまう。ドン引きされちゃうので気をつけないと…なんて心の中で(笑)。


(菊水)

愉しい会話が続き、もう1本飲もうかななんてことで、おなじみの「菊水」。このコンビニなどでよく見かける菊水は、かつてはスルーしていたけれど、横浜の角打ちでおすすめしてもらってから、忽ち好きになったお酒。以来、冷たい日本酒が飲みたいなぁなんて時に購入してます。フレッシュで飲みやすくて美味しいんだ。

2本飲んだところで、酔い具合になってきた。という訳で、そろそろ帰ろうかな。

一人でサクっと飲むつもりが、お兄さんのお陰で愉しい時間になった。

お兄さん、こんなブログをまさか見ている訳はないだろうけど、その節は親切にしていただいて、ありがとうございました。またお会いしたら乾杯してくださいね。

お会計

★500円足らず(1人利用)
※アサヒ辛口焼酎ハイボール、菊水
※チャージ:無し
※価格表記:税込

まとめ

やっぱりこちらは、気ままに一息つける働く人の憩いの場ですね。

暖かい日にまたふらりと。ごちそうさまでした!

満足度★★★☆☆
タバコ:喫煙(灰皿はないかも)

「食安商店」の基本情報

※自販機は24時間営業

img_8776
(目の前は有楽町電気ビル、お手洗いはこちらへ)

「食安商店」付近でおすすめの酒場↓

【リニューアル】有楽町「もつくし」秘伝ダレの鶏の唐揚げ250円で酎ハイ310円をグビっと!勤め人が集う立ち飲み
※こちらのお店は2018年7月に「きくのこ」と言う立ち飲みにリニューアルされています。久しぶりに訪れたのもあるかもしれませんが...価格帯や雰囲気など変ったように感じました。 オフィスビルやファ...
銀座「マルギン」絶品あじフライ280円でサク飲み!コリドー街のワイワイ賑わう人気の立ち飲み
銀座駅周辺、コリドー街の立ち飲み「マルギン(東京都中央区銀座7-1 銀座コリドー通り105)」で、レバーやアジフライなどで気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。 歴史が...
※基本、投稿内容は初回投稿(2018年03月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク