東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

神田「おきばり屋」お好み焼きが選べる980円のセットが凄い!鉄板焼きが気軽に楽しめる居酒屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
神田駅東口付近にあるお好み焼きとスイーツが楽しめる居酒屋「おきばり屋(東京都千代田区神田紺屋町39 野村ビル1)」で、紺屋町セットで気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

ビジネス街である神田は、多くの飲み屋でひしめき合っていて、老舗酒場から立ち飲みや角打ちまで、せんべろできるような価格帯の酒場も多く存在しています。

そんな神田で今宵は仲間とはしご酒。天ぷらさいとうに立ち寄った後に歩いていると、「生ビール290円」の文字が目に飛び込んできたのです。

お好み焼きとケーキが楽しめる鉄板焼き酒場「おきばり屋」

オープンから4年ほどだという「おきばり屋」は、お好み焼きとケーキが楽しめる、異色のコラボがユニークな鉄板焼き酒場。気軽にお好み焼きが楽しめるお店です。

まずこちらのお店で特筆したいのは、19時半までドリンク2杯・つまみ3品・焼き物1品=980円というお得すぎるセットを提供されている点。しかも焼き物にはお好み焼きを選ぶことができるんです。

東京都内で、こんなに気軽にお好み焼きで一杯飲めるお店があっただろうか…ということで早速ご報告。

場所は神田駅から徒歩10分足らず。岩本町駅からもアクセス可能。

メニューが出ていると読み込んでしまう性分。よくよく見てみると、どうやらお好み焼きのお店のようでスーパードライ290円!

ただ、自分でお好み焼きを焼くのは面倒だなぁなんて思っていると「よかったらどうぞ~」と気さくな店員のお兄さん。尋ねるとお好み焼きは焼いてくれるようなので、早速入店。

店先にはなぜかケーキなどのスイーツが並んだショーケース。なんでも姉妹店でスイーツをやられているようで、こちらにも置いているそうです。

味のある雰囲気の店内にはカウンター席と4名がけのテーブル席がいくつか置かれ、30名足らず利用できそうな広さでしょうか。会社帰りのお客さんでほどよく賑わっています。

カウンターでは店長さんと男性の店員さんお二人で切り盛りされています。

この日の客層は3~50代のサラリーマンやOLさんなど。2~4名で訪れているお客さんがほとんどで、それぞれの一杯。気楽に飲める雰囲気です。

カウンター先の鉄板ではお好み焼きがジュージューと焼かれ、美味しい香り。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み。座れてお通しもでてきますが、まさかの無料だそうです。

19時半までの紺屋町セットは、ドリンク2杯+日替りお通し+つまみ2品+焼き物1品=980円と、お得すぎるセット。焼き物は、豚玉、豚やきそば、とん平焼きの中から選べるのが嬉しい。

ちなみに、このセットは土曜日もやられているみたいです。

お酒は生ビール290円(アサヒ)、サワー・ハイボール300円~、ホッピーセット400円(中220円)、焼酎グラス480円~、日本酒550円など。

こういったお好み焼きなどの鉄板焼きの居酒屋って、安くてもお酒が400円前後という印象なので、すごく良心的な感じがします。しかもサワーより生ビールの方が安いという!

つまみは100円から種類豊富にずらっと並び、さっぱり系から揚げ物、ピザ、ご飯もの、スイーツまで。


(クリックで拡大)

お好み焼きや焼きそば、鉄板焼き類のメニューはこちら。よく注文されるのは「豚玉500円」と「明太もっチーズ豚玉900円」だそうです。明太もっチーズ豚玉、ネーミングからして美味しそう。

からあげ&ハイボールのセットが500円で楽しめたりも。

おすすめメニュー。

ランプステーキ1350円~も人気メニューのようです。

早速はじめますか!

時刻はぎりぎり19時半前ということで、仲間と一緒に「紺屋町セット980円」を注文。

▼ハイボールとお通しと柿ピー@紺屋町セット

まず、紺屋町セットのドリンク1杯目は「ハイボール」をもらいます。

一緒に日替りのお通しで「はるさめ炒め」、おつまみ1品目の「柿ピー」がでてきました。ハイボールは濃すぎず薄すぎずで丁度良い塩梅でシュワシュワ。はるさめ炒めが香ばしくてハイボールがすすむこと。

▼オニオンスライス@紺屋町セット

紺屋町セットの選べるおつまみは「オニオンスライス」にしました。シャキシャキさっぱり。

▼牛すじ煮込み@紺屋町セット

こちらは仲間が注文していた紺屋町セットの選べるおつまみ「牛すじ煮込み」。甘辛くしっかり味で牛すじはぷるぷるでやわらか~!これは美味しい。

▼ハイボール@紺屋町セット

早速、ジョッキが空ということで、紺屋町セットの2杯目も「ハイボール」をもらいます。

▼豚玉@紺屋町セット

紺屋町セットの焼き物は、まず仲間が注文していた「豚玉」が登場。

キャベツがたっぷりで豚肉が香ばしく、甘みがしっかりとした濃厚ソースとマヨが絡みこってり美味しい。また、紅生姜がアクセントになり◎。

▼豚やきそば@紺屋町セット

お次は筆者が注文した「豚やきそば」

麺のまわりが気持ちカリッとしていて香ばしく、ソースはやや辛口。堪らなくハイボールがすすむ!

▼ハイボール@300円

当然お酒が足りなくなるという訳で「ハイボール300円」を追加でもらいます。

いやーお腹いっぱい!もう一杯飲むか迷ったけれどここでお会計します。

お会計

★1280円(1人あたり)
※紺野町セットそれぞれとハイボール1杯ずつ
※チャージ:お通しは無料サービスとのこと
※価格表記:税込

まとめ

こんなにも気軽にお好み焼きで一杯できるとは夢にも思いませんでした。お好み焼き大好きなんですが、こういった鉄板焼きでサクっと気軽に飲めるお店って中々少ないんですよね。

また、店長さんも気さくで居心地よく飲めました。

紺屋町セットは19時半までではあるのですが、他のメニューもリーズナブルなのが嬉しいです。広々しているので一人でもグループでも楽しめるお店なのではないでしょうか。

次回はお好み焼き好きの仲間と一緒に立ち寄ろうと思います。ごちそうさまでした!

満足度★★★★☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★★☆
タバコ:喫煙

せっかくなので、帰りがけにはスイーツをお持ち帰りで購入。

保冷剤をたっぷり入れてくれました。

購入したのは一番人気だという「神田プレミアムチーズプリン350円」。ほろ苦のソースを足らして一口。プリンというよりカスタードソースに近いような滑らかさでとろける(もしかして持って帰る途中でとけたのかも…)。手作り感があり濃厚でコク、だけどそこまで甘すぎないのがイイ。よい〆になりました。

飲み屋には異色と感じたスイーツでしたが、飲んだ帰りに家族へのお土産とか、飲んだ後の〆とか、需要ありそうだなと思ったのでした。思い返してみれば、子どもの頃、父が飲んだ帰りによくシュークリーム買ってきてくれたんだよなぁ。

「おきばり屋」の基本情報

昼はランチもやられているみたいです。

公式サイト

「おきばり屋」付近でおすすめの酒場↓

※投稿内容は初回投稿(2018年04月03日)に知った情報や投稿者の主観です。感じ方は人それぞれですし、メニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますのでご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはトコトン探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。酒場で過ごす時間が大好きです。巡ったせんべろ酒場は数知れず…。休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク