東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

名古屋-伏見地下街「ちろり家」改札前で楽々!日本酒と焼酎と焼き鳥が楽しめる気軽な立ち飲み

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
名古屋の伏見地下街にある、立ち飲み「ちろり家(愛知県名古屋市中区錦2-13-24 伏見地下街)」で、日本酒と焼き鳥で気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

名古屋駅から地下鉄で3分ほどの伏見駅。伏見駅といえば昭和32年に開業の伏見地下街(長者町横丁)があります。

伏見地下街には近年、気軽な立ち飲みなどの酒場が参入し、老若男女問わずのお客さんで賑わっています。日本酒を扱うお店や、せんべろセットなどを提供されているお店も多く、気楽に立ち寄れるお店が多いので、この地下街ではしごを楽しむお客さんも多数。

今回諸事情があり、生まれ故郷である名古屋へひとり旅。数日に渡り、伏見地下街でバッチリ5軒はしご酒をしてきましたので、徐々にその模様をご紹介していきます。

伏見地下街の投稿:和酒立吞 明後日呑み処 千やいちゃん蕎野

日本酒と焼き鳥が楽しめる立ち飲み「ちろり家」

伏見地下街の「ちろり家」は、日本酒と本格焼酎と焼き鳥が楽しめる気軽な立ち飲み。

伏見駅の東改札目の前にあり、楽々と気軽に立ち寄れるお店です。

場所は伏見駅東改札口直結の伏見地下街。伏見地下街は駅からのアクセスがわかり辛いので注意(公式のアクセスはこちら)。ちなみに伏見駅は名古屋駅から地下鉄東山線で3分ほど。

30分くらい時間がある…ということで、目の前がすぐ改札(東山線)のこちらへ入ってみることに。

混雑しているタイミングはさておき、女性店員さんがいらっしゃったり、伏見地下街ということで気軽に立ち寄れる雰囲気。

店内には、立ち飲み用の厨房を囲むL字カウンターと、カウンター、テーブルがあり20名ちょっと利用できそうな広さ。

訪れたタイミングは半分足らずのお客さんの入りだったり、フロアの女性店員さんもにこにこしていたりして、なんだか居心地がよいなぁ。

この日の客層は、3~50代のサラリーマンやカップルなどで、1~2名で訪れている方がほとんどでした。

さて、何にしようかな

価格表記は税込み後払い

お酒は、日本酒100mL450円、利き酒3種セット750円、本格焼酎90mL390円~、酎ハイ類390円、ハイボール370円、生ビール中390円など。

こちらのお店もバッチリ日本酒推し…(笑)。日本酒100mL450円の銘柄は上記。

本格焼酎90mL390円~が並んでいたりも。

おつまみは、三河鶏を使用した焼き鳥1本120円~、串カツ120円~、一品物は250円~。

豚スモーク450円があったりも。

チューリップ揚げ280円も気になる。

早速はじめますか!

▼杜の蔵 純米100mL@450円

せっかくだから日本酒をもらおうかな。「キリっとしたのはどれですか?」と尋ねると、「杜の蔵 純米100mL450円」はどうですか?と店員のお姉さんがおすすめしてくださったので、そちらで。

旨味があり、後味キリっとすっきりしてる。うん、好みの味で好き!

こちらでも、和らぎ水を出してくれました。美味しいね。

▼せせり@120円/ハツモト@140円

あてには「せせり120円」「ハツモト140円」をもらいます。

せせりは塩で、やわらかくてジューシー。ハツモトはタレで、脂が乗っていてコクがあり美味い。噛むほどに味が出る。ちなみにタレは甘くさっぱり系。コクのあるハツモトとキリっとした杜の蔵がよく合うこと!

飲みきったところでお会計お願いします。

お会計

★710円(1人利用)
※日本酒、焼き鳥2本
※チャージ:無し
※価格表記:税込

まとめ

サクっと美味しい一杯が楽しめました。店員のお姉さんも感じがよく居心地がよかったです。

すぐ改札というのもアクセスしやすくていいですね。ちょっと時間がある、なんて時にぴったりのお店なのではないでしょうか。

またふらりと。ごちそうさまでした!

ちなみに伏見地下街で日本酒推しのお店を紹介するのが3軒目ですが、決して日本酒が目当てで入っている訳ではありません。ふらっと入って、結果どのお店も日本酒推しだったというだけです(笑)。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★★☆
おひとり様女性の居心地★★★★☆
タバコ:たぶん禁煙な気がするけど未確認

「ちろり家」の基本情報

伏見地下街の公式サイト

伏見地下街のせんべろまとめ↓

名古屋の気軽な飲み屋街「伏見地下街」のせんべろ酒場まとめ
名古屋駅から東山線に乗り3分程の「伏見駅」から直結...

付近の栄でおすすめの酒場↓

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年03月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnetの運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で好きなことには探求心を燃やし、たまにドジをやります。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好きです。せんべろ放浪は、基本一人飲み多め。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク