東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

寒いけど温かい新潟せんべろ紀行

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2017年12月、LIVE遠征で初めて新潟に行ってきました。

酒処であり、海鮮やお米が美味しいというイメージの新潟にずっと行ってみたかった。LIVEというタイミングでようやくその機会が巡ってきました。

今回はそんな新潟県新潟市へ一人で飲み歩きをした時のエピソードを綴ります。

初めての新潟

今回の新潟旅は1泊2日。

東京から新潟までどんな行き方で行こうか?一番安く上がりそうな「高速バス」か、それともじゃらんnetの新幹線&宿泊パックか。

結局、ポイントが貯まっていたじゃらんパック(JR新幹線+宿泊)で。購入内訳は下記(ポイント使わない状態)。

■JR新幹線+宿泊:19,300円じゃらん

新幹線は東京からでなく大宮⇔新潟(大宮からのほうが安い)を選択し、時間を選んでこの価格。ホテルは新潟駅から5分程で食事なしです。

ちなみに高速バスの場合、宿泊入れても最安値1万円くらい(片道2000円足らず)で行けそうなので、次回はそれにしようかなと思っています。

IMG_1532
(越後湯沢辺りの新幹線の窓から)

当日は大宮から新幹線に乗り込む。大宮からだと数千円安かったのだ。途中、スマホの電波が入らず暇だなぁなんて窓の外を見ると白銀の世界。見ているだけで寒さが伝わってくる。

IMG_1536
(新潟駅万代口)

そんなこんなで大宮からビューンと2時間足らずで新潟に到着。パラパラと雪が降っていて寒い。

IMG_1534
(新潟駅万代口の様子)

駅を降りてすぐに目に入ったのは新潟のお酒「朝日山」の看板。知らない土地に来ると、こういったお酒の看板に注目してしまう。色合いとかフォントとかそういったところを見るのが楽しい。

IMG_1764
(新潟駅万代口のバスターミナル)

そして、駅前を見渡すとバスの路線が多いこと!地元の方曰く、新潟ではバス利用が多く、電車並みに発達しているのだとか。今回の旅は、バスを攻略したら更に便利で楽しいものになりそう

新潟で昼飲み

さて、只今の時刻は朝の10時半(平日)。LIVEまで後数時間ということで…早速どこかで飲みますか!初めての新潟、すごくワクワクしてる。

事前調査したところ、新潟でも昼飲みできる酒場がいくつかある模様。

昼飲み1軒目

まず、新潟駅の万代口から出ているバスに乗り訪れたのは「本町」という停留所。なんでも本町の商店街には、お酒の持込みができる魚屋があるそうで、ずっと気になっていたんです。

IMG_1546
(本町の商店街)

近くのデイリーヤマザキで缶ビールなどを調達してお店に向う。

せんべろレポートは下記↓

新潟「鈴木鮮魚店」魚屋の片隅で鮮魚をつまみに昼飲み!ドリンク持込OKの飲める魚屋
新潟県新潟市、本町の商店街にある魚屋さん「鈴木鮮魚店(新潟県新潟市中央区本町通6番町1114)」の片隅で、新鮮なお刺身をつまみに美味しい一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。 ...

魚屋さんならではの活気のある雰囲気、そしてお刺身がすごく美味しかった。

ちなみに店先で海鮮丼を食べてる人はいたけれど、平日の12時前から飲んでいる人は誰もいなかった。一人もよかったけど、いろいろ食べたくなってしまうので誰かと行きたいお店だったなぁ。

昼飲み2軒目

堪能した後で、お次は県庁前にある新潟の中でも希少であろう、角打ちできる酒屋を目指す。本町から出ているバス路線で無理やり行こうと試みる。とりあえず住所から近しいバス停を探したりして…。

IMG_1587

下車したのは「第一高校前」という停留所。目的地までは徒歩20分足らずといった位置。

運動になるし徒歩20分くらい余裕と思っていたのだけれど、ここが新潟ですごく寒いということを完全に忘れていた。

IMG_1590

川が流れていたりして風が冷たい。すごくすごく寒い!途中のBOOKOFFでお手洗いをお借りして暖をとったり。

IMG_1594

橋を越え、ずんずん歩くとそれらしき酒屋が見えてきた!素敵すぎる店構えに嬉しさが込み上げる。ただ、店内を覗きこんでも飲んでる人がいない。情報も微々たるものだし、本当にこちらでこの時間から角打ちできるのかな…なんて不安が頭を過ぎる。

せんべろレポートは下記↓

新潟「板井商店」新潟のワンカップでゆるりと昼飲み!新潟県庁前の老舗酒屋の角打ち
新潟県新潟市、県庁目の前にある酒屋「板井商店(新潟県新潟市中央区出来島1-5-47)」で、ワンカップで昼から角打ちしてきましたので、その模様をせんべろレポートします。 酒どころや海の幸でおなじみの新...

やっぱりこちらでも平日の真っ昼間に飲んでいる人はいなかった。身体が温まったところで新潟駅に一旦戻ることにしよう。

県庁前の大通りにはバス停が複数あり、どれに乗ればいいのやら。そして、どのバスが遠回りせずに行けるのか…たまたま時刻表をを眺めていた地元のお父さんに尋ねると、同じく新潟駅に向うそうで「こっちにもバス停があるから一緒に行きますか?」と、案内してくれました。

IMG_1632

県庁の敷地内にもバス停がずらり。地元のお父さんのお陰でなんとかスムーズにバスに乗ることが出来た。下車と同時にお礼のお声がけ。

昼飲み3軒目

さて、お次は新潟駅構内を探索してみよう。なんだか小腹が空いたなぁ。

IMG_1633

ということで入ったのは新潟駅構内、新幹線改札から近くの「海鮮家」という回転寿司。握りをつまみつつ、軽く飲んでいこう。

IMG_1690

お酒も並んでいたりして、眺めると先ほどの酒屋さんで飲んだ麒麟山を発見!

IMG_1692

握りは2貫110円から。握りだけじゃなくおつまみメニューもあった。

IMG_1694

せっかくなので「麒麟山420円」の熱燗をもらおう。美味しいけれど、個人的には温めないほうが好みだったなぁ。

IMG_1699

おともには「天然ぶり280円」などを。脂が乗ってて美味しい!

お腹を満たしたところで、ここからはお酒はしばし休憩。しっかり酒抜きしてLIVEに挑む。



夜の新潟

LIVEを堪能した後は、再び酒場巡り。

夜の新潟1軒目

新潟では「新潟駅周辺」や「古町」に酒場街がある模様。古町はややお高めなんて情報を地元の方に聞いたので、本町で飲んでから新潟駅周辺で飲むことにした。

IMG_1718

本町では、かなりディープな某酒場へお邪魔した。上手く言い現すのが難しいのだけれど、とにかくディープで安い。

店主のおやじさんがお酒好きで、新潟のお酒を次々「飲んでみる?味見してみる?」なんて出してくださったりして、飲みながらおやじさんと世間話。

途中、新潟では年に1度「にいがた酒の陣」という、県内の約90蔵元のお酒が楽しめる酒の祭典があるということを教えていただいた。のんだくれイベントということで、過去には救急車が来たこともあるのだとか…。

たくさん新潟のお酒事情について教えてくださったりして、なんだかこころが温まったひと時。

温まったところで新潟駅に戻りますかね!

夜の新潟2軒目

新潟駅に戻り、夜の新潟で酒場を探し歩く。

IMG_1751

なかなか筆者の求める酒場が見つからない。駅前楽天地は、ざっと見るとややお高めだったり…(筆者は金銭感覚が麻痺しています)。

IMG_1724

酒場を探している中で目に留まったのが「ちょい飲み濱来た」という酒場。ちょい飲みというフレーズにしっかり刺さる。

お店は、2階にありカウンターのみの作り。女性店員さんがお一人で切り盛りされていて、少しガールズバーのような雰囲気。この日のお客さんは2~30代の男性やカップルなど。

IMG_1728

お酒を注文すると、「2杯以上飲むのであれば、飲み放題がおすすめです」とのこと。

そこでメニューをみて驚いたのが…飲み放題30分:男性1200円/女性600円という表記。いろんなツッコミどころはあるけれど、とりあえず性別女でよかった(笑)。

IMG_1734

飲み放題では、新潟限定の風味爽快ニシテなどをもらう。泡がクリーミーで美味しいね!お通しがでてきたのだけれど、これは100円。

飲み放題30分600円で2杯、お通し100円をつまんで会計は700円。気軽なちょい飲みができた。女性におすすめです!

この後もう1軒行ったけれど、さんざんだったので割愛。なんだか充実した1日だった。ということで、この日はこれにて終了。



新潟で昼飲み2日目

さて、1泊2日なので新潟の旅もこの日で終わり。昼飲みして東京に帰ります。

昼飲み1~2軒目

昨日あんなに飲み食いしたのに、朝になればお腹がペコペコ。腹ごしらえしつつ、ちょっと一杯を楽しみますか!

IMG_1770

ということで新潟駅万代口からバスに乗り訪れたのは「ピア万代」という万代島にある旬鮮度市場。

IMG_1772

ぐるりと歩くと、魚屋とか、酒屋とか、スーパーとか、お食事処とかそういったお店が並んでる。

IMG_1771

ちなみに温かくなると、ピア万代で売られているものでBBQもできるようで…これにはすごく惹かれた。

まずは、大人気の回転寿司「佐渡 弁慶」に入ってみることに。

IMG_1778

うわー12時前だというのに、かなりの賑わい!筆者の後には待っているお客さんもいるほど。

美味しいけれど、席が狭いし落ち着かない。基本廻っているものを取るスタイルだし…お酒を頼むのも空気読めない感じだなぁ。待ってるお客さんもいることだし、早めに切り上げて目と鼻の先にある系列の立ち食い寿司に行ってみることにした。

せんべろレポートは下記↓

新潟「立ち食い弁慶」佐渡産の新鮮な握り2貫130円~で昼飲み!ワンカップがずらりと並ぶ立ち食い寿司
新潟のピア万代内にある「立ち食い弁慶(新潟県新潟市中央区万代島2-4 ピア万代)」で、ワンカップを片手に美味しい握りやつまみで気軽な昼飲みを楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。 ...

この選択が立ち食い寿司好きの筆者にとっては大正解!

堪能した後で新潟駅へ再び戻る。

昼飲み3軒目

そろそろあそこに行っときますか!ってことで訪れたのはおなじみの「ぽんしゅ館」。

せんべろレポートは下記↓

新潟「ぽんしゅ館」500円で新潟の利き酒が5杯楽しめる!駅直結の越後のお酒ミュージアム
新潟駅直結の「ぽんしゅ館(新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館 3F)」で、新潟のお酒を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。 酒どころや海の幸でおなじみの新潟。...

新潟の利き酒したり、お土産買ったり楽しかった!

昼飲み4軒目

新幹線の時間までまだちょっとあるなぁ。もう1軒行ってみるか、ってことで万代口すぐそばにある立ち食いの蕎麦屋で昼飲み。

せんべろレポートは下記↓

新潟「そばうどん(旧みゆきの里)」朝飲み&昼飲みもできる!駅前万代口の気軽なそば処
新潟駅万代口近くの蕎麦処「そばうどん(旧みゆきの里)(新潟県新潟市中央区東大通1-1-1 第5マルカビル1F)」で、気軽な昼飲みをしてきましたので、その模様をせんべろレポートします。 酒どころや海鮮...

なんだかリニューアルオープンされたようで、思っていたメニューがなかったのは残念。だけど気ままに楽しめた。



まとめ

そんなこんなで新潟の旅はこれにておしまい!気候は寒かったけれど、地元の方や酒場は温かく心は温まる旅でした。

そういえば、新潟の方は普段どこで昼飲みされているのだろう。昼間に飲んでいる人を全くみかけなかった。平日だからいない方が当然か…筆者の感覚がおかしいのだ。

2018年も新潟で楽しみたいです。

⇒じゃらんnetで新潟の格安ホテルを探す

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年01月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
ジャンル:
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク