東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程から楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

池袋「晩杯屋 池袋東口店」平日15時・土日祝は13時営業で昼飲みもできる立ち飲み晩杯屋

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
池袋駅東口の歓楽街にオープンしたばかりの立ち飲み「晩杯屋 池袋東口店(東京都豊島区東池袋1-42-17 長谷川ビル1F)」で、気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。

池袋は立ち飲みや角打ち、大衆酒場などが数軒みられ、さらに朝飲み・昼飲みできる酒場があったりと、せんべろタウンとも呼べる街。

そんな池袋で今回訪れたのは、オープンしたばかりの言わずと知れた立ち飲みです。

平日は15時・土日祝は13時から営業で昼飲みできる「晩杯屋 池袋東口店」

晩杯屋は、言わずと知れた東京都内を中心に展開している立ち飲みチェーン。現在は40店舗以上と瞬く間に店舗数を拡大しています。

今回立ち寄った「晩杯屋 池袋東口店」は、2018年5月にオープンの立ち飲みだけの店舗。平日は15時・土日祝は13時から営業と、気軽に昼飲みもできます。

場所は、池袋駅東口から徒歩5分程のピンク街ゾーン。板橋に移転した「べったこ」の跡地と言ったら、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人的には一人でも入りやすいですが、ロケーション的に躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

扉を開けると「いらっしゃい!」と店員のお姉さん。

真新しい店内には、立ち飲み用の細長いコの字カウンターが伸び、20名程利用できる広さでしょうか。こちらの店舗は2階は無いものの、大井町のゼームス坂上店の1階のような作りだなぁ。

訪れたのは平日の夕方。この日の客層は仕事帰りと思しき一人客の3~50代男性が中心で、皆さん時折テレビ目を傾けながらの一杯。たまたまお客さんも少なく、落ち着いた空間。

店内からみた外のロケーション。

さて、何にしようかな

価格表記は税込みで後払い。

お酒の最安値は250円で、チュウハイ・ゴールデンチュウハイ・日本酒(菊源氏)・甲類焼酎水割りなど。生ビール410円(一番搾り)、がぶ飲みシードル290円、チューハイ類290円、ホッピー&バイスセット370円(中おかわり220円)など種類豊富。

そして、おなじみのロマネコンティは完全予約制で450万円。

つまみは110円~490円までの価格帯でずらっと。定番メニュー以外は日によってかわるともいます。

早速はじめますか!

まずは「ゴールデンチュウハイ250円」ください。晩杯屋のジョッキは少し大きめなのが嬉しくなる。ドライで微炭酸、そしてレモンで爽やか。

つまみは初めて見た「さんまやっこ150円」にしてみよう。鰹節のかわりにさんまがドカっと乗ったユニークなメニュー。

身がしっかりとして苦味のあるさんまとサッパリとした木綿豆腐。そこにラー油がガッツリとかかり、赤唐辛子が散らされ…辛~~~い!汗がふきでる。でも、辛いもの好きだから美味しい。これ、苦味と辛味がたまんないし、ボリュームある!これは、チュウハイが止まらない。

という訳で2杯目はお久しぶりの「ハイスキー290円」をもらいます。店員さんが入ったばかりなのか、マニュアルを見ながら一生懸命作ってくれたのが印象的。

ほろ苦さと爽やかさがクセになるね。

もう1品いっとこうかなってことで「炙りしめさば180円」。脂がよくのっていて香ばしくて美味しい。

2杯飲み終えたところで、ぞろぞろとお客さんが入ってきたのでそろそろお会計お願いします!

お会計

★870円
※お酒2杯とつまみ2品
※チャージ:無し
※価格表記:税込

まとめ

気ままにサクっと美味しい一杯が楽しめました。

池袋に気軽な立ち飲みスポットが増えて嬉しいですね。平日15時から、土日祝は13時からということで、明るいうちから昼飲みできるのも嬉しいポイント。

またふらりと。ごちそうさまでした。

満足度★★★☆☆
おひとり様女性の入りやすさ★★★☆☆
おひとり様女性の居心地★★★☆☆
タバコ:喫煙

メニュー下に新店の告知がありました↓

「晩杯屋 池袋東口店」の基本情報

住所:東京都豊島区東池袋1-42-17 長谷川ビル1F
営業時間:平日15時~23時30分/土日祝13時~23時30分
公式サイト

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 池袋駅東池袋駅北池袋駅

「晩杯屋 池袋東口店」付近でハシゴにおすすめの酒場↓

池袋「でかんしょ」ジャンボかき揚げ200円で酎ハイ200円がすすむ!15時から営業の気軽な立ち飲み
池袋駅北口付近にある「でかんしょ(東京都豊島区西池袋1-29-5 )」で、気軽な一杯を楽しんできましたので、その模様をせんべろレポートします。 池袋は立ち飲みや角打ち、大衆酒場などが数軒みられ、さら...
池袋「大都会」サービスタイムは酎ハイ120円・おつまみ100円!24時間営業のせんべろ居酒屋
池袋と言えば、朝飲み&昼飲みできる酒場や、角打ちや立ち飲みなどが複数みられるなど、せんべろタウンとも呼べる街。 そんな池袋で存在感のあるせんべろ酒場といえば、やっぱり池袋北口駅前にある「大都会」...
池袋「ふくろ 西口本店」焼酎小瓶のホッピーでほろ酔い!朝飲み・昼飲みもできる駅前の大衆酒場
この日は池袋でひとりはしご酒。立ち寄ったのは池袋でおなじみのこちらの大衆酒場。 朝飲み・昼飲みもできる駅前の大衆酒場「ふくろ」 再訪記録:2016年12月│2016年12月②│2017年1月│20...
池袋「立ち飲み 小島」ほぼ300円均一!多国籍な立ち飲み屋
食べやすいアジアンなアテが嬉しいなぁ! 先ほど笹屋の投稿をしたので、目と鼻の先にある立ち飲み 小島もあわせて紹介します。 こちらは300円均一(一部除く)の多国籍な料理がいただける立ち飲み屋。...
池袋「三兵酒店」まるで大人の駄菓子屋!安くて愉しい立ち飲み角打ち
※こちらのお店は禁煙(電子タバコはOK)になったようです(2018年4月)。 大人の駄菓子屋のような立ち飲み角打ち「三兵酒店」 今回ご紹介する「三兵酒店」は、池袋に降り立つと無性に行きたくなる、大...
※池袋の西口&北口へはパルコ(P’ PARCO)横の通路から楽々行けます。

※基本、投稿内容は初回投稿(2018年05月)時に知った情報や投稿者の主観です(追記の場合もあり)。感じ方は人それぞれですし、雰囲気はタイミングで当然変わるものです。

また、時間が経つにつれてメニュー内容や価格、営業時間など異なる場合もありますので予めご了承ください。訪れる際は、公式情報や食べログ投稿などもあわせておすすめします。
エリア:東京都 » 池袋
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん

都内在住のせんべろ放浪人・せんべろnet運営者のひろみん(女)です。好奇心旺盛な性格で、好きなことにはとことん探求心を燃やします。趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探して飲むこと。酒場で過ごす時間が大好き。せんべろ放浪は、基本一人飲み多めの傾向。巡った酒場は数知れず…休肝日は週3日目標。

せんべろnetについて詳しくはこちら。情報提供・ご依頼などはこちらまで。

公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク