東京都内を中心とした
立ち飲み、角打ち、大衆酒場、ちょい飲みなど
1000円程度で楽しめる「せんべろ酒場」飲み歩き情報!

【エッセイ】今日もひとり酒場「憧れの北九州市と見知らぬ駅で立ち尽くした夜」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今日もひとり酒場…一人が気楽。そして酒場での時間がより濃密に楽しめる。好きなことにトコトンなドジ女の私が体験した、酒場の人間模様や失敗談など飲み歩きにまつわるエピソードをエッセイとして綴ります。

2017年はLIVE遠征で2度訪問している福岡県北九州市。酒場人の温かさや風情のある雰囲気に魅せられ、一瞬にして好きになってしまった。

今回はそんな北九州市へ一人で初めて訪れた際のエピソードを綴ります。後半では、背筋が凍った体験も…(笑)。

憧れの北九州市

角打ち発祥の地と呼ばれる北九州市にずっと行ってみたかった。角打ちの宝庫であり、角打ち好きとしてはパラダイスのような場所なのだろう。

LIVE遠征で来福しても、博多や天神&中州などの酒場で過ごすことが多く、なかなか北九州市まで足を伸ばせずにいた。

だけれど2017年初夏にて、日程的に訪れるチャンスが巡ってきた!これは行くしかない。

ドキドキわくわくで一人、博多から新幹線に乗り小倉まで15分ほど。瞬く間に到着。

IMG_7428
(白頭山の100円生の機械)

ホテルに荷物を置いて、真っ昼間から早速小倉駅付近にある100円ビールでおなじみの24時間酒場「白頭山」でスタートアップ。

IMG_7515
(魚住酒店で乾いた喉を潤す)

お次は、レトロの街・関門海峡が望める門司港駅エリアで、たっぷりと街歩きをして酒を抜き、渇いた喉を「魚住酒店」で潤したり。

その後は、小倉駅から電車で20分程で到着できる憧れの折尾駅まで。

IMG_7534
(折尾駅付近の川沿い)

折尾駅の川沿いには、角打ち、立ち飲み、スナックなどが並び風情のある飲み屋街。その風景がとても素敵でじっと見入ってしまう。

ちなみにこの折尾駅はフォロワーさん曰く「かしわめし弁当」でもおなじみだそうで…。次回はぜひ購入したいなぁなんて。

IMG_7596
(憧れの高橋酒店)

川沿いをしばし歩くと登場するのが、憧れの「高橋酒店」。メディアや角打ち本などで見かけてから、ずっと行ってみたかった老舗酒屋の角打ちである。

とはいえ、一人で風情のある角打ちへの入店は、毎度ほどよい緊張が走る。そんな緊張感を一気にかき消してくれたのが「大丈夫だから入り~!」と声をかけてくださった常連のお父さんたち。

陽気な常連さんや優しい店主のお兄さん、皆さん温かくて愉しい一杯。昔は目の前の川に酔っ払ったお客さんが落ちていたなんてエピソードや、高倉健さんの母校がそこになんてお話を伺ったり。

IMG_7609
(風情のある宮原酒店)

途中、博多から自転車で訪れたというお父さんと仲良くなり、酒場やお酒の話に花が咲く。自分の親世代の方と話をするとなんだかホッとする。

その後、自転車のお父さんと「宮原酒店」へ。他にも1~2軒まわったりして、すっかり酔っ払いの出来上がり。

見知らぬ駅で背中が凍りついた夜

そろそろ帰ろうと電車に乗り込む。今日はたくさん歩いて足が疲れたなぁ。電車の椅子、座り心地がいいなぁ。ウトウト……………zzz。

ハッ、寝てしまった。とりあえず降りなきゃ!と電車を降りると見知らぬ駅だった。

久しぶりにやってしまったーーー!しかも旅先で。一番やっちゃいけないやつだよこれは。

実は、過去にも恥ずかしながらこんな寝過ごし経験がある。平井から武蔵小金井に行ってしまったりとか、大井町から西大宮に行ってしまったりとかさ。でも、そんなの可愛いもんだよ。

どこだよここ!!!!!

とりあえず駅員さんに聞こうと人を探すも、まさかここ無人駅なのか?誰もいないじゃないか。駅のホームでポツンと一人立ち尽くす。

シーンと静まり返り、虫のさえずりが聞こえる。周りを見回すと山々が広がりそれはそれは緑豊か。

この状況に一瞬で酒が抜け、背中が凍りついた。

とりあえず電車が来たので乗ろう。乗るしかないよ。電車に乗り込み、「小倉へ行きたいんですけど…まだ電車ありますか?」とお姉さんに尋ねる。「これが終電なので…直方駅からタクシーで行けますよ」とお姉さん(お姉さんありがとう!)。これが終電だったとは、本当に本当に危なかった。

スマホで調べりゃいいのにねぇ。スマホで調べるという動作がぶっ飛んでしまうほど、気が動転していたのだ。

IMG_7625
(直方駅の大関魁皇像)

なんとか無事に直方駅へ到着。

そしてタクシーで小倉まで。行き先を伝えるとタクシーのお父さんが「えっ、小倉?」と驚いていた。そりゃそうだよね。

お優しいお父さんで、「あの山からの夜景がキレイなんだよ」とか、「あっ、狸が通ったねぇ」とか、「北九州市は昔は危なかったけれど、今はそんなことないよ」なんて、北九州に纏わるお話を伺ったり。

そんなこんなで、タクシーのお父さんと会話しながらドライブを楽しんだわけです…(もはや、少しでもプラスに考えたい)。

で、お支払いは1万円足らず。

せんべろしてタクシー代1万円ってバカかよ!本当に自分のバカさ加減に呆れ果てた。

map
(気づいたら筑前大分という駅、もはや北九州市を越えてしまっていた)

今考えると、直方駅近くのホテルや漫画喫茶で始発まで時間をつぶせばよかった。

そんなこんなで、飲んだ後に電車で座ってはいけないと心に誓った夜。ああ恐かった。

こんなヘマをする方はあまりいないと思いますが、お気をつけくださいませ。

という訳で今回こんな感じで終わりです。またお会いしましょう。

翌朝は「高橋酒店」でおすすめいただいた、小倉駅付近の「資さんうどん」で朝ごはん。こちらは嬉しい24時間営業なんですねぇ。

IMG_7657

ほわほわもちもちのうどんが、二日酔いのカラダに染み渡る。冬場はおでんもありますし、お酒も飲めます。

※お店などの投稿内容は来店時=初回投稿時に知った情報やその時の主観です。内容や価格、営業時間帯など異なる場合もありますので、ご了承ください。
\ このページをブックマーク /
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の作者
ひろみん
都内在住のせんべろ放浪人で、せんべろnetの運営者です。好奇心旺盛な性格で、趣味は安ウマで雰囲気のイイ酒場を探すこと。巡ったせんべろ酒場は数知れず。 休肝日は週3日目標。 情報提供・ご依頼などはこちらまで。
公式twitter
飲みながらせんべろ情報をつぶやき中

管理人twitter
せんべろ情報&裏ネタなどをつぶやき

公式facebookページ
せんべろ更新情報を購読
スポンサーリンク